9月24日にAppleがリリースしたiOS13.1には新しいAirDrop、地図上で到着予定時間を共有できる機能などが含まれています。

より使いやすいAirDrop

AirDropは長く愛されてきたMac及びiOSの便利機能ですが、iOS13.1ではこのAirDropがより使いやすくなります。iPhone11に搭載されたU1チップには空間認識機能が備わっています。

 

これまでのiPhoneではAirDropを使用する場合、送りたい相手の名前がなかなか表示されないということがありました。特に部屋に複数のiPhoneユーザーがいると、特定の人にデータを送信するのが困難な場合があります。

 

しかし、iPhone11ではiPhone本体を送りたい相手に向けるだけで、iPhoneが優先順位を認識し、その相手の名前をリストの一番上に表示します。

到着予定時間を共有することで待ち合わせを楽に

iOS13.1では、マップ上で到着予定時間を共有できます。待ち合わせの際、友達がどこにいるかが一目瞭然です。チャットアプリのWeChatにも位置情報共有はありますが、iPhoneのマップアプリでもこの便利機能が利用できるようになります。

 

iOS13.1の上記2つの新機能は日常的に利用するデータの受け渡しや、待ち合わせ時のストレスを大いに軽減してくれるでしょう。また、iOS13.1はiOS13よりも安定しており、パフォーマンスも向上しています。

 
 

Source:9to5Mac
Photo:Apple
(david)