韓国ではかねてから外国人妻に対する暴力が根深い社会問題となっている(写真はイメージです)

写真拡大

韓国中の怒りを招いた「隠し撮り動画」

 集合住宅と思われる一室で、うずくまる女性を殴打し続ける上半身裸の男。傍らでは幼児が立ちつすくしたまま泣き叫んでいる――。韓国で今年7月、約2分半のこんな動画が全国民的な関心を集めた。男は韓国西南端のさびれた田舎町、全羅南道霊岩郡に住む36歳の溶接工。女性は、ベトナムからやってきた30歳の内縁の妻だ。

 動画を撮影したのは、女性本人。DV(家庭内暴力)の被害届を出す際の証拠にするため、室内の一角に置いたスマホでこっそり録画したという。それが知人経由でSNSに投稿され、一気に拡散したわけだ。

 非力な外国人女性への容赦ない暴力に、ネットでは怒りの声が殺到。大統領官邸ウェブサイトには、犯人を厳罰に処すよう求める署名まで寄せられた。男は動画が拡散してから2日後、傷害と児童虐待の疑いで逮捕されている。

韓国ではかねてから外国人妻に対する暴力が根深い社会問題となっている(写真はイメージです)

 この動画が韓国で大きな注目を浴びた理由は、単に内容が暴力的でショッキングだったからというだけではない。背景には、かねてから外国人妻に対する暴力が根深い社会問題となってきた事情がある。

ピーク時には7組に1組を占めた国際結婚

 韓国は、日本に比べて国際結婚が多い。2018年の国際結婚件数は、2万2698件。婚姻数に占める割合は、日本の3.4%(2016年)に対して8.8%だ。

 韓国の国際結婚は2000年代前半を通じてに急増し、2005年に4万3121件でピークに達した。同年の割合は実に13.6%だ。以後は2010年を除いて減少が続いたが、2016年の2万591件を底としてまた増加に転じた。婚姻数全体が毎年過去最低を更新するなか、国際結婚だけが件数を伸ばしている格好だ。

 日本も韓国も、自国の男性と外国人女性との婚姻が国際結婚の約7割を占める。韓国はピークの2005年で72.3%、2018年で73.2%と、割合はほぼ変わらない。

 その相手としてかつて最も多かったのは、韓国語が通じる「朝鮮族」。つまり韓国系中国人女性だ。だが2016年からは、ベトナム人女性が最多となっている。2018年には、6338人のベトナム人女性が韓国人男性の下へ嫁いだ。反対に韓国人女性と結婚する外国人男性は、アメリカが最多で1439件だ。

 国際結婚の平均初婚年齢は、男性が36.1歳、女性が28.1歳(2017年)。また男性が10歳以上年長の夫婦が、全体の39.5%を占めている(同)。これに対して韓国人平均の初婚年齢は、男性33.2歳、女性30.4歳(2018年)。つまり中年男性が若い外国人妻を娶っている、というのが平均的な構図だ。

「結婚移住女性」の4割強がDV被害に

 韓国人との結婚のため韓国へ移り住むことを、現地では「結婚移民」ないし「結婚移住」という。また特にその多数を占める女性は、「結婚移住女性」などと呼ばれる。彼女たちは豊かな韓国社会での定着を夢見て、「結婚移民ビザ」の更新を繰り返しながら帰化申請の結果を待つのが常だ。

 結婚移住女性の多くは言葉が不自由であり、帰化申請も含めて夫の庇護に頼らざるを得ない。だがそんな立場の弱い外国人妻の多くが、これまで暴行、虐待に晒されてきた実態がある。

 夫ないしその家族に殺害される、あるいは自殺で命を落とした結婚移住女性は、2007年から現在までに19人。昨年12月にも韓国南東部の田舎町で、59歳の夫が38歳のフィリピン人妻を殺害する事件が起きた。また2017年発表の資料では、結婚移住女性の42.1%が暴言、暴力、性行為の強要といったDVの被害を受けていたことも明らかに。これは韓国の一般的な既婚女性の3倍にあたる数字だ。自治体や各種団体の支援も盛んに行われているが、上述のような事件は後を絶たない。

規制対象となった国際結婚ブローカー

 こうした問題は当然ながら、外国人妻の出身国からの反発も招いている。カンボジアとベトナムは2008年から2012年にかけて、自国女性と結婚する韓国人男性を対象に所得や年齢の制限を課した。両国はまた同時に、国際結婚仲介業者に対する規制も設けている。ブローカーによる国際結婚の斡旋が、人身売買に通じるとの懸念が指摘されてきたからだ。

 2011年末時点で、韓国には1519カ所の結婚仲介事業者が登録されていた。だが韓国政府も2012年から、資本金の基準を引き上げるなどの規制を強化。そのほか、男性1人に複数の女性を引き合わせて選ばせるなどの紹介方法も禁止した。韓国政府はまた2011年に国際結婚予定者への教育プログラムを義務化、さらに2014年には結婚ビザの審査要件も厳しくしている。一連の規制により、仲介事業者の数は2017年時点で366カ所にまで減少。最近まで国際結婚が減少傾向にあったのは、こうした政府の対応が一役買っていたようだ。

 だが残った仲介業者のウェブサイトはいまも、風俗店で品定めするようなデザインで独身男性にアピールしている。あどけない少女のような女性の写真を、トップ画像にあしらうサイトもある。再び増加に転じた「結婚移民」が今度は何をもたらすのか、その動向に複雑な視線が向けられている。

高月靖/ノンフィクション・ライター

週刊新潮WEB取材班編集

2019年8月21日 掲載