アメリカ・ネバダ州の男性が実家の屋根裏を整理していたところ、30年ほど前に購入したと見られるNES(北米版のファミコン)のソフトが見つかったそうです。

新品未開封で保存状態が良好だったことから、ためしにネットオークションに出品してみたところ、なんと9000ドル(100万円弱)で落札されました。

気になるゲームタイトルは……。

 

Unopened Copy of Nintendo Entertainment System Game 'Kid Icarus' Sells for $9,000 USD


屋根裏から出てきたのは“Kid Icarus”(キッド・イカロス)。

日本版はディスクシステムの「光神話パルテナの鏡」。(※海外ではディスクシステムは発売されていないためROMカセット)

母親に屋根裏の掃除をせかされ、子どもの頃のおもちゃを整理していたというスコット・アモスさん(40歳)。するとこのゲームがデパートの袋の中にフィルム包装された状態で入っていたそうです。


(参照画像)

レシートの日付は1988年12月で、購入額は34.99ドル。当時スコットさんは9歳でした。

購入したのは母親だろうと考えたスコットさんが尋ねてみたところ、「私がテレビゲームにそんな金額を払うわけがない」と否定されたそうです。

30年も前のことなので、スコットさんのクリスマスプレゼントとしてお母さんが購入したものの、すっかり忘れてしまったのかもしれません。

ちなみに、過去にも未開封の「光神話パルテナの鏡」が1万ドル以上で売られたことがあり、相場通りの価格だろうとのことです。

実家の大掃除をしたら、意外なお宝が出てくるかもしれませんね。

(ゲーム動画)
[動画を見る]
Kid Icarus - NES Gameplay - YouTube

【「屋根裏から30年前の未開封ファミコンソフトが出てきたのでオークションに出してみた…」→100万円で落札】を全て見る