諏訪中央病院名誉院長の鎌田實医師

写真拡大

 超高齢化社会を迎えるいま、認知・判断能力が低下するリスクが高まる高齢者は、どんな備えをするべきか。諏訪中央病院名誉院長の鎌田實医師が、脳の健康を保つ食生活4つのポイントと、3つの生活習慣を紹介する。

 * * *
 不都合なことはなかったことにしようというやり口には、あきれてものが言えない。「老後2000万円」報告書の受け取りを拒否した問題は、そんな政府の体質を体現している。

 しかし、政府が必死になればなるほど、よほど隠したい内容があるのだろうと逆に興味がわいてくる。あらためて報告書を読んでみると、確かに大事なことが書かれていた。

 なかでもぼくがいちばん気になったのは、認知症の人の資産についての記述だ。認知症は年々増加し、2025年には700万人前後になると推計されている。その認知症の人が保有する金融資産は、2030年には200兆円を超えるとか。これは、個人の金融資産の1割に当たる額である。

 そもそも65歳以上の高齢者の保有資産は、個人の金融資産の7割近くを占めている。報告書では、これらのデータを使いながら、認知症だけでなく、認知・判断能力が低下しつつある高齢者の資産をどう管理していくか、重要な課題の一つだとしている。

 WHOは、つい最近、認知症予防ガイドラインを発表した。そこで強く推奨されているのは、運動習慣、禁煙、血圧のコントロール、糖尿病の治療だ。運動習慣を身につけながら、野菜をたっぷり食べ、血圧と血糖値を上げないようにすることが大切ということだ。あまり目新しさはないかもしれないが、内容は王道である。

 医学誌「ランセット」に発表された、世界の複数の研究を解析した報告書もある。高血圧、肥満、高齢期の難聴、喫煙、うつ病、社会的な孤立、糖尿病など、いくつかの要因を取り除いていくと、認知症の発症を35%抑制できるという。

 特に、高齢期に入ったら、たばこを止めること、うつ病にならないこと、運動すること、社会的な交流を増やすこと、糖尿病を治療することが大事だとしている。

 WHOのガイドラインは、栄養バランスのよい健康的な食事も推奨している。ぼくは脳の健康を保つ食の「脳活」として、次の4つのポイントを挙げたい。

【1】一日350グラム以上の野菜を食べる

【2】油は、オメガ3脂肪酸を
 青背魚やクルミ、エゴマ油などに含まれている。

【3】コエンザイムQ10
 イワシやサバ、ブロッコリー、ホウレン草に多く含まれている抗酸化物質。脂溶性なので脳に到達しやすい。

【4】ビタミンE
 コエンザイムQ10の働きを増強する。カボチャやアボカド、大根の葉、ウナギ、ハマチなどに多く含まれている。

 ただし、WHOのガイドラインでは、サプリメント(ビタミンB、ビタミンE、多価不飽和脂肪酸、マルチサプリメント)は、認知症の予防の観点から推奨されないと明言している。あくまでも食事からバランスよく摂ることが前提のようだ。

 ついでに、「脳活」として3つの生活習慣もおすすめしたい。

A:朝の日光浴
 朝、太陽に当たることで分泌されたセロトニンは、夕方、睡眠を誘発するメラトニンの材料に変化する。よい睡眠は、海馬から大脳皮質へ記憶を固着させる。

B:しっかりと口腔ケア
 歯周病菌は慢性炎症を起こし、動脈硬化や認知症をひき起こすといわれている。いつまでも自分の口から食べられるように、口の中をきれいにすると同時に、カラオケをしたり、おしゃべりをしたりして、口を動かすことが大事。口腔フレイルを予防することで、認知症予防につながる。

C:運動プラス計算
 ウォーキングをしながら、足し算や引き算をする。同時に二つのことをするコグニサイズは、認知症予防にいいといわれている。認知症予備軍といわれる軽度認知障害(MCI)が、コグニサイズによって40%改善したというデータもある。

 認知症になっても幸せに生きることはできる。だが、認知症にならないように備えておくことは大切である。認知症に備える生き方やマネープランには、人生100年時代を生き抜くコツが詰まっているのだから。

●かまた・みのる/1948年生まれ。東京医科歯科大学医学部卒業後、長野県の諏訪中央病院に赴任。現在同名誉院長。チェルノブイリの子供たちや福島原発事故被災者たちへの医療支援などにも取り組んでいる。著書に、『人間の値打ち』『忖度バカ』など多数。

※週刊ポスト2019年8月2日号