営業担当の会社員男性が急死 取引先社長からのストレスを労災認定

ざっくり言うと

  • 営業担当の当時47歳の男性が5年前に急死し、妻が国を相手に訴訟を起こした
  • 取引先社長からのストレスが原因なのに、労災と認めなかったのは違法と主張
  • 福岡地裁は14日、精神的な緊張は相当大きかったとし、労災認定を言い渡した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング