<?php the_title_rss(); ?>

写真拡大 (全2枚)

2019年6月11日より中国上海にて最新コンシューマテクノロジー展示イベント「CES Asia 2019」が開幕となった。さまざまな展示が行われている中で、コネクテッドカーの領域は注目されており、開幕初日に車載アシスタント領域で新たな発表が行われた。

アリババ・グループ(阿里巴巴集団)がアウディ、ルノー、ホンダの中国国内で販売する自動車に「Tmall Genie(天猫精霊)」を搭載するというものだ。

これは2019年1月にBMWが中国向け車両にTmall Genie搭載モデルを発表していたのに続く流れとなる。車内からTmall Genieに話しかけるだけで、アリババで買い物をしたり、映画のチケットを購入できる。また自宅に備え付けたTmall Genie対応のスマートホームデバイスの制御も可能になる。Tmall Genie搭載車両はアウディとホンダはリリース時期検討中で、ルノーは今年中にリリースを目指しているという。

なお直近の動きとして、アウディは次世代電気自動車にAmazon Alexa搭載を発表、ホンダはAI音声アシスタント開発でSoundHoudと戦略的提携、ルノーは次世代インフォテインメントシステムでGoogleと提携といった動きを見せていた。

自動車メーカーは中国市場の対応として、グローバルの動きとは別に中国独自の音声アシスタントを採用していくことになるようだ。

Source:REUTERS / NIKKEI ASIAN REVIEW

(中橋 義博)