堀北真希までも…。実は引退していた8組の“ワケアリ事情”

写真拡大

 3月1日、女優の堀北真希の引退が発表されました。2月28日をもって事務所との契約が終了したとのこと。山本耕史との結婚の直後から囁かれていましたが、まさか本当に引退してしまうとは……!

 山口百恵に憧れ、結婚・出産を機にした引退となったようです。現在一児の母となった彼女は、「愛情いっぱいの家庭を築いていきたい」と専業主婦になることを宣言。ただ、文書に「引退」と明記はされておらず、将来的には芸能界復帰があり得るのかも……。

 2016年12月の成宮寛貴を皮切りに、立て続けに衝撃的な芸能界引退ニュースが報道されました。今年1月23日には、女優でタレントの江角マキコ、さらに2月12日には新進女優の清水富美加が、芸能界引退を発表。そこで今回は、世間に衝撃を与えた「ビックリした芸能界引退」エピソードをピックアップ! さまざまな形で芸能界を去った人たちを紹介しちゃいます。

◆DA PUMPのISSA以外のオリジナルメンバー 飲酒運転や音楽性の違い

 今や8人の大所帯となっているDA PUMPはもともと、沖縄出身の4人組で結成されたダンスボーカルユニットでした。しかしオリジナルメンバーはボーカルのISSA以外全員が脱退。飲酒運転で現行犯逮捕されたSHINOBU、裏からDA PUNPを支えると宣言したYUKINARI、音楽性の違いで袂を分かったKEN。3人とも、現在は沖縄に在住しています。

 ただし正式に芸能界を引退したのはSHINOBUのみで、YUKINARIとKENは今も2人でヒップホップユニットを結成して沖縄で活躍中です。

岡本綾 不倫女優のレッテル貼られ…

 NHK連続テレビ小説『オードリー』で主演した、朝ドラ女優の岡本綾。着々と仕事を増やし、大女優へとステップアップしていた矢先に、大スキャンダルが勃発! 当時、竹内結子と結婚していた歌舞伎俳優・中村獅童の酒気帯び運転が発覚した際に、同乗していた女性が岡本綾だという報道が出回ったのです。

 この事件をきっかけに岡本綾には不倫女優のレッテルが張られました。もともと清純派なイメージだった岡本綾の仕事は激減。翌年の2007年には無期限休業という形で、実質の引退となってしまいました。

桜井幸子 国際結婚がきっかけ?!

 ドラマ「高校教師」でヒロインの二宮繭を演じ、一躍人気女優となった桜井幸子。その後は野島伸司脚本作品の常連女優として大活躍していました。

 しかし、2009年12月31日に突然の芸能界引退を発表。その理由を「海外での仕事や海外留学の経験がきっかけとなり、引退を決意した」と綴っていましたが、実際のところ、ロサンゼルス在住のアメリカ人会社経営者との結婚が真の理由だったと言われています。

宝生舞 行方不明説が出たが…

 ドラマ「ショムニ」などで活躍した宝生舞は2010年に芸能界引退を発表。「役としての宝生舞ではなく、自分自身を確立させたい」とブログにてコメントしています。

 しかしこの引退については、あまり世間には知られておらず2015年、放送番組の2次利用のため連絡のとれない出演者の情報提供を呼びかけているWebサイトに、宝生舞の名前が掲載され「宝生舞って行方不明なの!?」と、話題となりました。気が付いたら芸能界から居なくなってたという、有名女優にしては珍しいタイプの引退劇だと思います。

◆ピコ太郎のプロデューサー古坂大魔王の「底抜けエアライン」時代の元相方 ゲーム会社勤務へ

 ピコ太郎のプロデューサーである小坂大魔王は、以前は小島忍とともに「底抜けAIRLINE」というコンビを組んでおり、ボキャブラ天国で人気を博していました。しかしボキャブラブームが去ってから仕事が激減。

 その後、小坂大魔王と2人でお笑いと音楽を融合させたテクノユニット「NO BOTTOM!」を始動させましたが2005年脱退。現在ゲーム会社でプロデューサーとして活躍しているとか。ちなみにコンビになる前はトリオだったこともあり、その時のメンバーは今は役者を経て、現在は企画・演出・制作などの裏方スタッフ業やゲーム関係の仕事に携わっているようです。