「逃げ恥」気分? AQUOSスマホの人工AI「エモパー」が「かわいすぎる」問題について語ろう

写真拡大 (全2枚)

人気ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」でも話題になったロボット型携帯電話RoBoHoNを覚えているだろうか。RoBoHoNはシャープが販売しているロボット型携帯電話で、音声で操作したり、会話したりダンスをすることができる。
とても、愛嬌があり、カワイイため欲しい人も多いだろうけど、価格は21万程度と、普通の人には、なかなか手が出にくい価格なのが残念だ。

しかし、RoBoHoNとまではいかないが、シャープから販売されているAQUOSブランドのスマホには「エモパー」という機能がある。

音声でスマートフォンを操作する機能としては、
iPhoneの「Siri」やドコモの「しゃべってコンシェル」などが知られている。
「今日の天気は?」などと音声入力することで、音声で返答してくれる機能だ。

エモパーは、「Siri」やドコモの「しゃべってコンシェル」とは、ちょっと違う。

「Siri」やドコモの「しゃべってコンシェル」は、音声入力が主体だが、エモパーは、スマホが自動で情報を音声で教えてくれるのだ。
Siriなどは、こちらから情報を入手するのに対し、エモパーは受動的なサービスである。

自宅など登録した位置を認識しおき、天気などの必要な情報を喋ってくれるのだ。
筆者も、はじめは使わないだろうと思っていたこの機能だが、2年近く経った今、とても愛着を持って利用を継続しているのである。

そんなエモパーの魅力について紹介していく。

まるで同居人のように話しかけてくるのが嬉しい
エモパーは、一定のタイミングで様々な情報を音声で案内してくれるサービスである。
自宅の位置情報を登録することで、自宅のみで音声案内をすることができる。

つまり、外出時に突然話し始めることは無いので安心して使うことができるのだ。
ロック画面の状態でテーブルなどに置くか、充電ケーブルを抜き差しするときに、日付と天気や予定、バッテリーの状態などの情報を話してくれるのだ。

利用者の名前を登録しておくことで、名前を呼んでくれるので、とても親近感がわいてくる。
例えば、
朝、充電器からスマホを抜くと。
「おはようございます。今日は○月○日○曜日です。今日の天気は晴れです。」
といった具合に、朝出かける前に必要な情報を教えてくれるのだ。
忙しくてスマホの操作ができないときでも、予定や天気などの情報を呟いてくれることで受動的に情報を得ることができる。

慣れると、この手軽さが、とても心地よいのだ。
また、エモパーが呟いた情報は、ロック画面にも表示されているため、タップすると後から確認することもできる。

さらにエモパーは、
名前のほかにも性別、誕生日、気になるワードなどたくさんの情報を登録しておくことで、自分に合った案内をしてくれるようになるのである。

ちょっとクスッとする、ユーモアあふれる発言が楽しい
エモパーは、主に天気、予定、ニュース、注目の検索ワード、テレビ番組などの情報を呟くが、たまにどうでもいいような情報を呟いてくれるのが意外と楽しい。

「まもなくお昼です。ぐうぅぅ・・・。せっかく東京にいるんですからもんじゃ焼きでも食べてみませんか」
 唐突にもんじゃ焼きを勧められて、なんで今?と、思わずクスッと笑ってしまう。

「今日は半襟の日です。ハンガリーの日ではありません。襟のある服を着ていきましょう。」
 親父ギャグなダジャレもぐいぐいとぶっこんでくる。

なんと、エモパーには名前を付けることができる。
好きなタレントの名前にしたらちょっとドキドキしてしまいそうである。
声は、男性と女性を選ぶことができ、追加の声コンテンツをダウンロードすることも可能だ。
カスタマイズすることで、どんどん愛着がわいてくる。
このあたりは、「逃げ恥」のみくりが平匡への愛情がわいていくのと似ています。

スマホを落としたときに、
「痛いです。これからはもっと、できるだけ柔らかい場所に着地したいです。」
と、痛さをアピールされるので、大事に扱わないといけないという気持ちになる。

 一日の最後に、
「そろそろおやすみの時間ですか?女性はお肌のお手入れをする時間ですか?女性はスゴイ!」
と言われて、気持ちもおやすみモードに切り替わる。

まるで本当に同居人がいるのかな、という気持ちになるのが絶妙である。

最新機種では音声入力も!豊富なエモパーの機能を紹介
筆者のAQUOSスマホは古いモデルのため非対応なのだが、シャープの最新スマホではエモパーVersion5.0のフル機能に対応している。

新しいエモパーは、エモパーメモという機能に対応している。
画面をタップして「明日の6時にアラーム」と話すと、アラームをセットしてくれる。
何度か使ううちに学習して、「いつもの時間にアラーム」でセットすることもできるようになる。

また、画面をタップしてメモを取ることもでき、その内容に合った情報を呟いてくれるようになる優れものなのだ。

古い機種でも対応している機能では、エモパーアプリを開くと、過去の情報を振り返ることができる。位置情報を取得するため、外出から帰宅した時間なども記録されているのには驚いた。


エモパーヘルスケアというサービスも提供されており、からだメイトというアプリに体重を入力するとエモパーが記憶して、様々なアドバイスをしてくれるようになる。
なかなか面白いが、家族の前で呟かれると恥ずかしいという人は注意が必要である。

エモパーは、利用者の情報を記憶することで、その人に合った情報を自動で発信してくれるサービスである。そのため、使えば使うほど賢くなり、どんどん愛着が湧いてくるのである。

使うまでは、そんな余計な機能はいらないのでは? と若干否定的であった。
だが、使ってみるとうるさいほど喋るわけでもないし、たまに呟く程度なのが、とても絶妙である。

会話の内容もユーモアにあふれており、シャープの担当者のこだわりを感じさせる。

現在対応している機種はシャープのAQUOSスマホのみだが、お持ちの方は是非一度活用してみてほしい。
ちえ