スタッフにも気遣いを見せる内藤剛志

写真拡大

 100人近いキャスト、スタッフが忙しく動く連続ドラマ『警視庁・捜査一課長』(テレビ朝日系、木曜20時〜)のロケ現場。取材に来た旨を挨拶すると、内藤剛志(61)は即座に「取材で写真に写り込むかもしれない話は他の出演者に伝わっていますよね?」と宣伝担当者に確認し、「待ち時間に話をしますから、いつでもどうぞ」と我々取材陣に笑顔を向けた。

 主役でありながら、まず最初に共演者や取材者への気遣いを示す。撮影の合間には、共演者ばかりかアシスタントのスタッフとも談笑している。そのためか現場には和やかな雰囲気が漂っていた。「20代の食えない頃から一緒にやってきた戦友」だという共演の金田明夫(61)が話す。

「彼が主役を務める現場は楽しいんです。中にはいるんですよ、緊張した雰囲気を作って周りを萎縮させてしまう人が。でも、彼は脇の脇の脇から始めた俳優だから、どんな現場ならみんながやりやすいか知っているんです」

 内藤は一人で撮影現場に来る。そもそも付き人はいないし、マネジャーも特別な用がなければ来ない。

「誰かがついていると周りが僕に直接話しかけづらいけど、誰もいなければADさんでも直接話してくる。それが大事なんです。

 映画やドラマは監督を中心に動くもので、たとえ主役であろうと、俳優はスタッフ部門と並列の俳優部門の一員にすぎない。雨が降ってきたらスタッフが傘をさして濡れないようにしてくれるのは、俳優が偉いからではなく、撮影に支障をきたさないようにするため。

 僕は最初から主役として出てきたわけではなく、20代前半は自主製作映画をやってみんなで仕事するのが当たり前だったし、20代後半はロマンポルノの現場で映画界のルールを叩き込まれてきたんです」

 内藤は1980年の『ヒポクラテスたち』(大森一樹監督)で商業映画にデビュー。以来テレビドラマにもよく出るようになり、1994年に大ヒットした『家なき子』で安達祐実演じる主人公を虐待する酒浸りの凶暴な父親を演じ、視聴者に強烈なインパクトを与えた。

 その頃からドラマで欠かせぬ存在となり、1995年1月から2001年9月にかけて27クール連続で連続ドラマに出演するという日本記録を樹立し、「連ドラの鉄人」と呼ばれた。しかし、「記録は狙ったわけではなく、たまたま結果そうなっただけ」だという。

 今、主役の話が4本きていて1年後までスケジュールが埋まっているが、「脂が乗っている」といった感覚はないと話す。

「だって10年前も20年前も忙しかったし、その頃だって質の高い仕事をしていたと思っていますから。人生ってアベレージだと思う。僕はどこかにピークを持つことより、アベレージとして高いことを目指しているんです。今はたまたま主役が続きますが、主役じゃなくても一生懸命やりたい」

 主役が偉いわけではない──それが、無数の現場で叩き上げてきた内藤が、驕らないために自らに課す戒めであり、裏返せば脇役、相手役でドラマを支えてきた密かな自負なのかもしれない。

【ないとう・たかし】1955年5月27日生まれ。大阪府出身。日本大学芸術学部映画学科在学中に自主製作映画で注目される。中退し、文学座研究所を経て、1980年に『ヒポクラテスたち』で商業映画に役者デビュー。『警視庁・捜査一課長』(テレビ朝日系)で捜査一課長役を演じるほか、4月から『土曜スペシャル ナイトウ旅行社』(テレビ東京ほか)で情報系旅番組の司会を務める。また、情報番組『スタイルプラス』(東海テレビ)での司会は今年で10年目。7月に映画『海すずめ』が公開。

●撮影/橋本雅司 ●取材・文/鈴木洋史

※週刊ポスト2016年6月17日号