鈴木さん。クラスや会社に1人はいる、スタンダードな名字。日本では、2番目に多い名字と言われています。今回は、全国の鈴木さん必読!の「鈴木」という名字の由来のお話。そのルーツや歴史は、そうとう昔まで遡ります。

和歌山県の藤白神社では「全国鈴木サミット」も開催!

「鈴木」のルーツや歴史を紐解くと、実はかなり昔まで遡ることになります。
最初に「鈴木さん」が登場するのは、なんと「古事記」。
イザナギとイザナミのひ孫である「饒速日命(ニギハヤヒノミコト)」という人物がきっかけです。

饒速日命の子孫は、熊野、現在の和歌山県新宮市に移り住み、物部(もののべ)という豪族になりました。
そして熊野神社を建て、その神官たちが儀式を行うようになったのです。

儀式では、稲穂を高く積みあげ、真ん中に一本の木を立てるということを行いました。
そのときのリーダーは、穂を積むということで「穂積(ほづみ)」と呼ばれるようになります。
そして真ん中に一本立てる木のことは「ススキ」と呼んでいたのです。

「スス」は「聖なる」という意味の言葉。
「ススキ」は聖なる木です。
いつしか、この儀式を取り仕切るリーダーは「ススキ」と呼ばれるようになり、それが変化して「スズキ」となったのです。
しばらくすると、鈴木さんたちは藤白という現在の和歌山県海南市に移住。
藤白神社境内に、鈴木屋敷を建てました。
ここは今では「鈴木さんのふるさと」と言われています。

それにしてもなぜ、こんなに「鈴木さん」が多いのか。
実はあの徳川家康が関係しているともいわれています。
家康が生まれた松平家に、昔「鈴木」という名字の人が嫁ぎ、家康の親せきには「鈴木さん」が多かったのだそう。
絶対的権力者の家康と関係があると思われるため、この名字を名乗る人が多くなったのですね。

名前に歴史あり。
自分の名のルーツを知ると、もっと好きになれるかもしれませんよ。

文/岡本清香

TOKYO FM「シンクロのシティ」にて毎日お送りしているコーナー「トウキョウハナコマチ」。江戸から現代まで、東京の土地の歴史にまつわる数々のエピソードをご紹介しています。今回の読み物は「『鈴木さん』が多い理由は?」として、2015年11月11日に放送しました。

【あわせて読みたい】
★私生活では女の敵!? 「谷崎潤一郎」の奔放すぎる偏愛歴 http://tfm-plus.gsj.mobi/news/XXMsjtbVmr.html
★「徳川家康」に学ぶ、人生を切り開くいくつかのヒント http://tfm-plus.gsj.mobi/news/Hrl3J4ynd9.html
★江戸時代、生姜焼きは危険な食べ物だった!? http://tfm-plus.gsj.mobi/news/uCHAxs439U.html<番組概要>
番組名:「シンクロのシティ」
放送日時 :毎週月〜木曜15:00〜16:50
パーソナリティ:堀内貴之、MIO
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/city/