’07年10月28日、豊島区の路上で覚せい剤を所持していたとして現行犯逮捕された元・光GENJI赤坂晃

その後、執行猶予期間の’09年12月29日に同じ罪で再逮捕。そのときは新宿区内のホテルで使用が発覚し、実刑判決を受けて、刑務所で服役することに。

’12年に出所してからは、東京の新宿歌舞伎町でバーをオープン。昨年は『週刊女性』のインタビューにも登場。

「芸能界復帰は、まったくないですね。今はバーの仕事に集中したい」

そう語っていたが、11月に沖縄県宮古島に焼き肉店をオープンしたと報じられた。その報道によれば、赤坂は彼のファンだった女性と共同経営者のような関係になり、宮古島へ移住を決めたという。

「宮古島にあるマンションの同じ部屋から、真夜中にふたりで出てくるところも目撃されています。問題は彼女に夫と娘がいるようで」(前出・ワイドショースタッフ)

一方、赤坂は最初の逮捕の直前に離婚。ひとり息子は、妻側が引き取った。それにしても、今回の決断はどういうことなのか。赤坂本人に話を聞いてみた。

「実刑3年だったのですが、2年半で出所しています。またクスリをやりたい、という気持ちはありません」

移住についてはこう語ってくれた。

「昨年の秋ごろに宮古島に旅行で来たことがありまして、街や人が好きになったのがきっかけでした。ここで新しいことに挑戦したい、という気持ちになったんです」

報道された女性との関係を聞いたところ、男女の関係は否定。

「バー時代からの従業員ではありますけど、そういう関係はありませんよ。うちのお店には、その女性のほかに男性従業員とバイトの女の子がいるんです。今、家賃は僕が支払っているのですが、4人で寮みたいに一緒に住んでいるんです。それでたまたま、そのマンションからふたりで仕入れに出かけるところを週刊誌に撮られてしまったんです」

どうやら店がオープンしたばかりで、高い給料が払えないため、変則的なシェアハウス形式を採用しているらしい。

「従業員同士が無理をして別に住むより“一緒に住んだら、どう?”と提案して、その流れになったんです。マンションは3LDKですね。もちろん個別の部屋で寝ていますけどね」

この女性に夫や娘がいることも事実のようだ。

「なので、僕との噂みたいに書かれちゃうと本人がかわいそうですよね。ビジネスパートナーなので、何でもありません」

元・光GENJIの諸星和己や大沢樹生との交流についても聞いてみた。

「元メンバーとは、誰とも連絡とり合ってないですね」