加藤浩次

写真拡大

18日放送の情報番組「スッキリ!!」(日本テレビ系)で、加藤浩次が、「機動戦士ガンダム」を知らない青木源太アナウンサーに、呆れかえる一幕があった。

番組では、「よみがえる名作アニメ」と題したVTRと青木アナの解説で、世代を超えて愛されてきた名作アニメの新作を紹介していた。

中でも「機動戦士ガンダム」は、2015年の2月から「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」という新シリーズを劇場アニメとして公開している。「機動戦士ガンダム」では主人公の敵であった、シャア・アズナブルが主人公となり、新たな視点で物語が展開されているとのこと。

VTRが終わると、加藤は「僕は『THE ORIGIN』の愛蔵版読ませてもらってますから。ある程度内容はわかってるんですよ」と語り出す。

さらに、作品の魅力について「今までガンダム好きだった人も、『こんだけ(内容が)深かったのか』と思う」「ガンダムファンじゃなくても、今から見るひとでも面白い」と熱弁してみせた。

加藤は「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」の時代設定に触れ「時代が(『機動戦士ガンダム』よりも)ちょっと古いからね、モビルスーツがまだ開発途中だったりとかもするわけ」と、詳しい内容を説明。

これを聞いた青木アナは「モビルスーツ、戦闘服の部分ですよね?」と、加藤に質問した。

これに対し加藤は、青木アナに厳しい表情で「戦闘『服』?」と威圧。慌てた青木アナが「あの、ロボットの部分」と言い直すと、加藤は「そうそうそう」とうなずきつつも「戦闘『服』って…」と呆れている様子をみせたのだ。

また、加藤が熱弁を再開し「(モビルスーツを)開発してたりとかするとこも入ってくるわけさ。ドズルとかがやってたりする」とキャラクター名を上げると、青木アナは再び「ノズル…?」と、加藤に疑問を投げかける。

すると、加藤は「ドズルです」とピシャリ。スタジオでは笑い声と共に「全然勉強できてない」と青木アナを責める声も上がっていたが、青木アナは「こうやってわからなくても、観て楽しめるということですよね」とコメントし、話題を締めくくった。

【関連記事】
加藤浩次 寺田心から「大好きです」と言われるも冷たく突き放す
平成ノブシコブシ・吉村崇 加藤浩次に素の顔をすっぱ抜かれる
加藤浩次 猪瀬直樹元都知事に五輪エンブレム問題について直球質問