平昌五輪のフィギュアスケート男子シングルで五輪2連覇を成し遂げ、7月には史上最年少の23歳で国民栄誉賞を受賞した羽生結弦選手(24)。現在は右足首負傷のためリハビリ加療中、全日本選手権(21〜24日、大阪)を欠場するという発表がありましたが、見る者を圧倒する羽生選手の演技を、待ち望んでいます。いかなる状況でも美しく、そして確実に結果を出す羽生選手の姿にはいつも圧倒させられますよね。美しく凛とした姿は、