羽生結弦

写真拡大

4日放送の「ミヤネ屋」(日本テレビ系)で、男子フィギュアスケート羽生結弦選手の年齢を「25歳」と誤って紹介する場面があった。

この日、「2014年塗り替えられた記録SP」のコーナーでは、「史上初」「最速」「最大」「最年少」「最年長」のキーワードに沿った形で、今年一年の間で達成した記録の数々を紹介した。

その中で、2月のソチオリンピックで日本男子初の金メダルに輝いた羽生選手を取り上げ、羽生選手がSP(ショートプログラム)歴代最高の101.45点を獲得したことについて、生で演技を見ていたという藤村幸司アナウンサーは「素晴らしかったぁ!」と、興奮気味に語った。

宮根誠司も「完璧という言葉を当てはめるなら、このショートの演技ですよね!」と藤村に同調したところで、番組はショートプログラムを演じる羽生選手のVTRへと移った。

VTRでは、氷上を舞う羽生選手の姿と共に「男子フィギュア SP更新 羽生結弦選手(25)」と画面右側にテロップを表示した。羽生選手は現在19歳だが、25歳と誤った年齢を映し出した。

この誤りについて、出演者からは指摘がないまま番組は進行したのだが、その後、小学6年生の頃から羽生選手が一流選手を目指していたことについて出演者が語り合う場面で、またしても年齢を誤表記したテロップを含むVTRが流れた。

2度に渡って誤表記の映像が流れたが、2度目もやはり出演者からの指摘はなかった。

その後、一度CMを挟んだ後に、ようやく川田裕美アナウンサーが「先ほど羽生選手の年齢を25歳と表示してしまいましたが、正しくは19歳です。大変失礼しました」と、頭を下げて謝罪と訂正をした。

【関連記事】
「スッキリ!!」の脳梗塞特集 「楽な梗塞」と誤表記が流れ、アナウンサーが謝罪
TBS「あさチャン!」で秋篠宮悠仁さまの名前を間違える珍事
フジテレビの「とくダネ!」、台湾・馬英九総統の写真使用について異例のお詫びと訂正