藤本美貴

写真拡大

モーニング娘。吉澤ひとみが23日、明石家さんまのラジオ番組「ヤングタウン土曜日」(MBS放送)に出演し、ママタレとして活動する藤本美貴アイドル時代は問題児だったことを明かした。

この日は、現メンバーの道重さゆみと飯窪春菜に代わり、OBの保田圭、吉澤ひとみ、新垣里沙が出演。前回の放送では、道重が先輩の藤本美貴からある日、呼び出され、叱られると思いきや腹筋自慢をされたというエピソードで盛り上がったことから、リスナーから「先輩に呼び出されたり、後輩を呼び出して叱った経験はあるか」との質問が寄せられた。

さんまが再度、藤本の腹筋エピソードを紹介すると、吉澤は「たしかに(藤本は)腹筋を一時期すごくやってましたね」と発言。当時を回想しながら「リハーサル中も急にお腹を出して、鏡で見ているんですよ。自分の腹筋を」と話すと、保田も「やってた、やってた」と藤本の知られざる一面を明かした。

また、吉澤は、多くのメンバーと揉めたとされる藤本に対し、よく注意していたことも紹介。「スペシャルの歌番組に出ると、モーニング娘。で固まっていないといけない。場所もとるし。でも、あの子はほかのアーティストの方に行ったり、『なんでミキはここにいないといけないの?』ってうろちょろしてたから、よく連れ戻しに行ってました」と、藤本が団体行動を乱していたことを明かした。

メンバー全員でストレッチやボイストレーニングをする時も、藤本は「なんでみんなでやんなきゃいけないの?」などと反抗することも多く、その度に吉澤は手を焼いていたという。

そんな藤本は、今ではすっかりママタレとしての地位を築いている。保田は「すごく丸くなりましたよ」と話し、藤本の変貌ぶりに驚いた様子だった。‏

【関連記事】
子供にキラキラネームをつけようとした庄司をミキティーが阻止、「意外にまとも」と高評価
アイドルグループ「Nゼロ」運営会社がファンに注意勧告「メンバーとクライアント様がプライベートで連絡を取り合った場合、損害額を算出し、双方に損害賠償請求させていただきます」
吉澤ひとみが後藤真希から結婚直前に「最近良い感じだよ」と報告を受けていたことを明かす