「るろ剣」佐藤健が笑ったこと、「志々雄さんが包帯を取ると……」。

写真拡大

俳優の佐藤健(25歳)と女優の武井咲(20歳)が7月10日、都内で行われた映画「るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編」の納涼イベントに、夏らしい浴衣姿で登壇した。

この日、台風にも関わらず、満席の劇場には500人以上のファンたちが集まり、2人は黄色い歓声に迎えられて登場。佐藤は「お待たせしました。遂に完成しました」と晴れやかな笑顔で挨拶した。

会場には浴衣姿の観客もおり、「今日は浴衣で来場すると良いことがあるとのことですが、浴衣好きな男としては嬉しい」とニンマリ。浴衣に帽子を被って登場した佐藤を武井は「小物使いが渋くて良いと思います」と褒めるも、佐藤が緑の鞠柄の浴衣をみて「武井さんの浴衣はキャベツ模様で斬新でハイセンス(笑)」とからかう一幕も。

ちょうど昨年7月にクランクインし、半年かけて30か所以上のロケ地で撮影を敢行した本作だが、一番印象に残っている場所について問われると「熊本に行きました。薫と左之助とみんなで楽しく歌舞伎を見る楽しいシーンを撮った」と佐藤が撮影を振り返り、「アクションがドキドキ。相手も狙いに行っているのでみなさんも(映画を観たら体が反射して)動いちゃう」と見どころを挙げ、また、武井は「剣心の着物の色に気持ちが出ているので注目して欲しい」と、注目ポイントを教えてくれた。

撮影中に一番笑ったエピソードを聞かれると、佐藤は「(佐藤演じる剣心の最大の敵)志々雄さん(藤原竜也)は全身包帯ぐるぐるで見た目がとても怖いんですが、目と口が火傷の特殊メイクをしていたので、包帯を取るとその部分だけ黒くパンダみたいでチャーミングだった(笑)」と笑いを誘った。

さらに、夏らしい浴衣姿にちなみ、MCから「夏の思い出」について問われると佐藤は「父親の実家が宮城だったので、夏休みはいつも帰って海とか川とかで遊んでいました。カブトムシやクワガタ、トンボとったり……」と振り返った。一方、武井は「家族や親戚と一緒にキャンプをしていました。テントで寝るのが好きでした」と当時を懐かしんだ。

ほかにも「夏は何が楽しみか?」との話に及ぶと、佐藤は「金魚すくいが楽しみです。5歳のとき以来やってないから、よくわからないんですけど(笑)。お祭り行ったりしたいなと思います」と回答。武井は「アイス!アイス大好き!」と無邪気に答えていた。

イベントの最後に、会場の観客に朝顔の鉢植えをプレゼントする企画も行われ、当選した女性が金魚の浴衣をしていたことに気付いた佐藤は「金魚! すくっちゃうよ!」と呼びかけ、笑いを誘う一幕も。

最後に佐藤は「僕たちは『るろうに剣心 京都大火編』『るろうに剣心 伝説の最期編』の2つで1つの作品と思って作った。僕たち、スタッフ含めて本当に思い入れがある作品。多くの人に観て欲しい。公開まで頑張りますのでぜひ僕らに力をかして欲しい」とアピール。武井も「今回、薫も戦っています。薙刀を使って死ぬ物狂いで戦わせていただきました。映画を観ていただくことが全てだと思います。どうぞ楽しんで観ていってください」と語り、イベントを締めくくった。

「るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編」は、8月1日(金)、9月13日(土)2部作連続全国ロードショー。