初回からヨルゲンセンのパンチでダウンを喫した水垣。得意とするスタンドで遅れをとる格好となり判定負け。WEC戦績を1勝2敗とし、2009年を戦い収めた

写真拡大

12月19日(土・現地時間)、米国ベバダ州ラスベガスのザ・パールでは、2009年ズッファのファイナルイベントとなったWEC45「CERRONE vs RATCLIFE」が開催された。

メインのライト級戦では、ドナルド・セラーニが、急所へのヒザ蹴りで度重なる試合中断という悪い流れをリアネイキドチョークの一本勝ちで締め、来年春以降のライト級王座挑戦を決定的なものとした。

また、3度目の出場となった水垣偉弥は、初回にスコット・ヨルゲンセンの右を被弾、WECに上がるようになって初めての絶対的なピンチを何とか切り抜けたが、打ち合いで遅れをとると、テイクダウンを仕掛け続けられる苦しい試合展開に。最終ラウンドこそ、グラウンドでトップを奪い、反撃に転じたものの、一歩遅く最後は判定負けを喫した。

さらに、WECデビューを迎えたクリス・ホロデッキーは、アンソニー・ジョクアーニと対戦すると、背後からハイキックで撃沈、バンタム級王座挑戦に近づきたいハニ・ヤヒーラはジョセフ・ベナビデズの右フックに沈み、共にKO負けを喫した。

■関連リンク
【Strikeforce】極上ライト級王座戦はメレンデスに軍配、リーはスミスに惨敗
日本人初の快挙、水垣が3試合連続メインカードへ
計量終了、注目のワンダーボーイがメジャー挑戦

<WEC45 CERRONE vs RATCLIFF 全試合結果>

第10試合 ライト級/5分3R
○ドナルド・セラーニ
(米国)
3R3分47秒
リアネイキドチョーク
詳細はコチラ
エド・ラトクリフ×
(ブラジル)
第9試合 ライト級/5分3R
○アンソニー・ジョクアーニ
(米国)
1R3分33秒
TKO
詳細はコチラ
クリス・ホロデッキー×
(カナダ)
第8試合 バンタム級/5分3R
○ジョセフ・ベナビデス
(米国)
1R1分35秒
TKO
詳細はコチラ
ハニ・ヤヒーラ×
(ブラジル)
第7試合 バンタム級/5分3R
×水垣偉弥
(日本)
vs
詳細はコチラ
スコット・ヨルゲンセン○
(米国)
第6試合 ライト級/5分3R
○バート・パラジェンスキー
(米国)
3R終了
判定
アンソニー・ペティス×
(米国)
第5試合 ライト級/5分3R
×ムシン・コーベリー
(ブラジル)
3R終了
判定
ザック・ミッケルライト○
(米国)
第4試合 バンタム級/5分3R
×ジョン・ホスマン
(米国)
3R終了
判定
チャド・ジョージ○
(米国)
第3試合 フェザー級/5分3R
○ブランドン・ヴィッシャー
(米国)
1R4分45秒
TKO
コートニー・バック×
(米国)
第2試合 バンタム級/5分3R
○ブラッド・ピケット
(米国)
1R4分36秒
変形チョーク
カイル・ディーツ×
(米国)
第1試合 フェザー級/5分3R
×ジャミール・マスー
(米国)
3R終了
判定
エリック・コッホ○
(米国)