初防衛に成功したリョートだったが、絶対王者が君臨するライト、ウェルター、ミドル各階級に比べれば、突き抜けた強さをみせたとは言い難い勝利となった

写真拡大

10月24日(土・現地時間)ロサンゼルスのステイプルス・センターでは、UFC104『MACHIDA vs SHOGUN』が開催された。大会名にもある通り、メインイベントで行われた世界ライトヘビー級選手権試合リョート・マチダ×マウリシオ・ショーグンの一戦は、互いに得意の打撃を中心に5Rを戦い抜く熱戦となったが、その判定はリョートを支持。王座初防衛に成功した。

決定的な勝機こそなかったが、与えたダメージという点では王者を上回っていたかにみえたショーグン。事実、48-47×3でリョートの勝利が告げられると、場内にはブーイングが発生。勝ったリョートも、「UFCにきて最も難しい試合だった。3人レフェリーがいて、この判断をした。申し訳ない」と観客に詫び、再戦については「もう一度戦いたい」と返答した。

また、同大会には、UFC戦績7勝1敗と歴代日本人ファイターのなかでも群を抜く成績を残す岡見勇信に、元祖・神の階級=ウェルターで2勝1敗と勝ち越す吉田善行と、二人の日本人ファイターが参戦を果たした。

だが、その結果は厳しいものとなった。10カ月ぶりのオクタゴン復帰となった岡見は、チェール・ソネンと対戦するも、テイクダウンを狙うソネンの巧みな技術に幾度もテイクダウンを許し、挽回する機会がないまま判定負け。吉田善行は、前日の計量で6ポンドの大幅オーバーという失態を犯したアンソニー・ジョンソンとの176ポンド契約のキャッチウェイト戦に臨むも、ジョンソンのパンチに僅か41秒で敗れ、なんとも釈然としない敗戦を喫した。

■関連リンク
公開計量終了、LAのファンはリョートに大声援
岡見勇信&吉田善行、UFC勝ち越し組が揃い踏み
ショーグンの挑戦受けるリョートに死角なし

<UFC104 MACHIDA vs SHOGUN 全試合結果>

第11試合 UFC世界ライトヘビー級選手権試合/5分5R
[王者]
○リョート・マチダ
(ブラジル)
5R終了
判定
詳細はコチラ
[挑戦者]
マウリシオ・ショーグン×
(ブラジル)
第10試合 ヘビー級/5分3R
○ケイン・ベラスケス
(米国)
2R58秒
TKO
詳細はコチラ
ベン・ロズウェル×
(米国)
第9試合 キャッチウェイト戦/5分3R
○グレイソン・チバウ
(ブラジル)
3R終了
判定
詳細はコチラ
ジョシュ・ニアー×
(米国)
第8試合 ライト級/5分3R
×スペンシャー・フィッシャー
(米国)
2R4分3秒
TKO
詳細はコチラ
ジョー・スティーブンソン○
(米国)
第7試合 キャッチウェイト戦/5分3R
○アンソニー・ジョンソン
(米国)
1R41秒
TKO
詳細はコチラ
吉田善行×
(日本)
第6試合 ライトヘビー級/5分3R
○ライアン・ベイダー
(米国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
エリック・シャファー×
(米国)
第5試合 ヘビー級/5分3R
×アントーニ・ハードンク
(オランダ)
2R2分30秒
TKO
詳細はコチラ
パット・バリー○
(米国)
第4試合 ミドル級/5分3R
○チェール・ソネン
(米国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
岡見勇信×
(日本)
第3試合 ミドル級/5分3R
○ホルヘ・リベラ
(米国)
3R1分53秒
TKO
詳細はコチラ
ロブ・キモンス×
(米国)
第2試合 ライトヘビー級/5分3R
○カイル・キングスベリー
(米国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
ラザク・アルハッサン×
(米国)
第1試合 ヘビー級/5分3R
○ステファン・シュトゥルーフ
(オランダ)
1R4分4秒
三角絞め
詳細はコチラ
チェイス・ゴムリー×
(米国)