養育放棄の容疑で母親が逮捕された/Santa Rosa County Sheriff's Office

(CNN)米フロリダ州サンタローザ郡の保安官事務所は12日までに、5〜14歳の子ども5人をゴキブリまみれの不潔な自宅で育て、尿の成分が染みついた衣類などを着用させていたとして33歳の母親を逮捕したと発表した。

重罪に相当する養育放棄などの罪に問われている。子どもの1人である小学2年生の女児が学校の食堂に持ち込んだバックパックからは「数百匹」の虫が這(は)い出していたという。

小学校の職員が、事情を尋ねた女児が最後にシャワーを浴び、入浴した日時を覚えていなかったなどの被害を保安官事務所に報告し、逮捕につながっていた。女児は同じ服を1週間着続けて通学していたという。

保安官補は職員からの告発を受け、一家の自宅を捜索し、ゴキブリが子どものマットレスを含め、至るところにいる極めて不衛生な状態にあることを発見。ネコの排泄(はいせつ)物も床上に散乱し、戸棚などには食物もなかった。

同州ミルトンに住む母親は、第3級の重罪に相当する、養育放棄の罪5件で訴追された。全ての罪で有罪が確定した場合、最長で禁錮25年の刑が下される可能性がある。

同容疑者は地元のCNN系列局「WEAR」の取材に、子どもの虐待容疑などを否定。1人で子どもを育て、収入もほとんどないなどと釈明した。自宅がゴキブリの巣であることを認めたが、直ぐに解決出来るとも述べた。

裁判所文書によると、容疑者は保釈金1万2500ドル(約138万円)の全額もしくは1割分の支払いを約束した後、釈放された。保釈後の子ども5人の居場所は不明となっている。