<神・巨>巨人に開幕6連敗を喫し、肩を落とす矢野監督(撮影・北條 貴史)

写真拡大

 ◇セ・リーグ 阪神0―3巨人(2019年4月21日 甲子園)

 阪神が巨人に0―3で敗れて2試合連続の零敗を喫した。カード3連敗で開幕からの巨人戦は6連敗。同率5位だった広島が勝ったため、単独最下位に転落した。

 先発の西が7回2失点と力投するも打線が援護できず。巨人先発・メルセデスから6回まで毎回走者を出しながらも決め手を欠き、7回無失点に封じられた。8回は中川、9回はクックからも、得点を奪えなかった。

 平成最後の伝統の一戦を勝利で飾れず。矢野監督は「それはもう強く持って戦っているけど」と打倒・宿敵への思いを口にしたあと、「その中で結果が出ないのは監督として俺の責任」と話した。