フランスのパトカーの非常灯(2014年12月18日撮影、資料写真)。(c)PHILIPPE HUGUEN / AFP

写真拡大

【AFP=時事】フランスの首都パリ郊外で11日朝、現金輸送車の運転手の男(28)が、推計113万ユーロ(約1億4000万円)の現金と共に失踪した。複数の警察筋がAFPに明らかにした。

 輸送車は午前6時(日本時間同日午後2時)ごろ、同市北郊オーベルビリエ(Aubervilliers)にある国際送金サービス「ウエスタンユニオン(Western Union)」店舗の前で停車。同僚2人が店内に入り、男だけが運転席に残った。

 警察筋の一人の話では、「同僚らが戻ってみると、輸送車と運転手が消えていた」という。車はその後、数ブロック先でドアが全開になった状態で見つかったが、運転手の姿はなく、現金の入った袋もなくなっていた。フランスの組織犯罪対策当局が捜査を開始した。

 フランスでは2009年11月にも、現金輸送車の運転手の男が、少なくとも1150万ユーロ(現在の為替レートで約14億3000万円)を積んだ輸送車ごと失踪。男は1週間余りの逃亡の末、逮捕された。

【翻訳編集】AFPBB News