長編アニメーション映画「劇場版シティーハンター<新宿プライベート・アイズ>」が、2月8日より全国で公開された。公開初日から、ネット上には20年ぶりの復活を待ちわびていたファンの感想が無数に書き込まれ、同シリーズの大ファンである著名人からも絶賛のコメントが寄せられた。

 大河ドラマ「西郷どん」で西郷隆盛役を演じた俳優の鈴木亮平は、理想の男として主人公・冴羽リョウの名前を挙げるほど熱狂的な「シティーハンター」ファン。それだけに公開が待ち切れなかったようで、「初日の初回に。あの頃憧れたこの街で」と新宿のTOHOシネマズで“最速鑑賞”したことを自身のTwitterで報告した。さらに鈴木は「ああ、涙が出るよ。笑いと同じくらい。あんたら二人、やっぱり素敵だよ。ありがとう、シティーハンター」とつづり、新作映画の出来栄えに感無量の様子だった。

 お笑いコンビ・チュートリアルの徳井義実も「女性好きってこんなにカッコイイんだというのは、冴羽リョウから教わりました」と語っており、「シティーハンター」から大きな影響を受けた人物のひとり。そんな縁も手伝ってか、今回の「劇場版シティーハンター<新宿プライベート・アイズ>」では、特別出演として劇中に登場するファッションデザイナーのコニータを演じた。徳井は自身のTwitterで「劇場版シティーハンター公開初日。キャラクターやストーリーも最高だし、『ここだ!』ってとこであの名曲達が次々と流れる。カッコ良すぎて泣きそうになったのは初めてです。筆舌に尽くしがたいほどのカッコ良さ」と同作を大絶賛。ファンからは「今日見てきました!全くの同感です!」「徳井さんのキャラ、最高でしたよ!!」といったリプライが寄せられていた。

 また「タッチ」の浅倉南役や「らんま1/2」の天道あかね役などで知られ、自身もテレビアニメ版「シティーハンター」にゲスト出演した経験を持つ声優の日高のり子は、鑑賞後に「めちゃくちゃ良かった! 面白かった! スリリングだった! カッコ良かった! ラブリーだった!」と興奮気味に感想をツイート。冴羽リョウ役の神谷明をはじめとした声優界の大先輩たちに「そして先輩方、さすがでした」と心からのリスペクトを捧げていた。

 そして主演の神谷は、新宿バルト9での舞台挨拶後に感想をつぶやいた。「上映終了後皆様にご挨拶したのですがそのお顔を拝見したら嬉し涙がこみ上げてきてしばらく喋れませんでした」と喜びのあまり涙を流したことを明かし、「全国でご鑑賞いただいた皆様、これから観て下さる皆様、そして全国のシティーハンターファンの皆様に心から感謝いたします」とあらためて全国のファンに感謝の気持ちを伝えていた。

※冴羽リョウの「リョウ」は、遼のしんにょうがけものへん

(C)北条司/NSP・「2019 劇場版シティーハンター」製作委員会


▶【見逃し視聴】続・ミュージックシティーハンター in AbemaTV ▶シティーハンター TVシリーズ