「炎上弁護士」唐澤貴洋氏

「炎上弁護士」の異名を持つ唐澤貴洋氏が『炎上弁護士 なぜ僕が100万回の殺害予告を受けることになったのか』を上梓した。自身の半生を振り返り、誰もが被害者/加害者になりうるネット社会の危うさに警鐘を鳴らしている。

「私が最初に炎上したのは、電子掲示板上で誹謗中傷された少年の依頼を引き受け、記事の削除請求などを行ったことがきっかけでした。残念ながら現状では、炎上した被害者を救済する十分な法律はありません。私はできるだけ早期に被害者を守る法案を成立させようと活動しています」

 唐澤氏はインターネット上の権利問題に精力的に取り組んでいるが故に、誹謗中傷や殺害予告など悪質な嫌がらせに悩まされている。それでもなお、闘い続けるのはなぜか。

「私の弟は不良グループから集団リンチを受けた後、自ら命を絶ちました。16歳の若さでした。未成年だった加害者たちは何のお咎めも受けませんでした。中には、暴力団組員になった者もいます。そんな不条理への憤りが、私の原点にはあります。法律という武器を使って、悪と対峙し、社会的な問題を解決したい。今は孤軍奮闘ですが、同じ志を持つ方が1人でも多く協力してくれることを願います」

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2019年2月7日号)