藤本美貴 (C)ORICON NewS inc.

写真拡大

 タレントの藤本美貴(33)、北斗晶(51)が16日、都内で行われた、映画『ルイスと不思議の時計』大ヒット記念イベントに出席。藤本は映画の登場人物にちなみ、夫であるお笑いコンビ・品川庄司の庄司智春(42)の“ポンコツ”なエピソードを告白した。

【動画】藤本美貴&北斗晶がほっこり家族エピソード告白

 同作は、両親を亡くした少年ルイスが、二流のポンコツ魔法使いである叔父・ジョナサンの古い屋敷に住むことになる。一方、隣に住むきれいで優しいツィマーマンは一流の魔女。ルイスはそんな2人と時計がいっぱいの屋敷で不思議な暮らしをはじめるというストーリー。

 藤本は夫婦げんかになったときの庄司について「言い合いになったとき、すごい噛んで何言ってるかわからない時がある。私は笑ってはいけないのを必死に堪えている」と、夫の残念な姿を暴露。

 北斗も元プロレスラーでタレントの佐々木健介(52)を夫にもつが、ポンコツの男性は好きかという質問に「私たち、旦那が筋肉質でポンコツですから」と言い笑い飛ばしていた。また、北斗は家族みんなが映画好きということで、テレビをネットに繋げて映画を観ることになったが「(映画が)観られるように設定をするのに健介が15歳の息子に教わってる姿を見たとき、ちょっとルイスとジョナサンに似ていたかな」と負けじとほっこり家族エピソードを告白していた。

 イベントには、実兄がメンタリストとして活躍中のDaiGoであり、「ナゾトキ」ブームの仕掛け人で東京大学謎解き制作集団「AnotherVision」2代目代表の松丸亮吾氏(22)も登場。藤本、北斗に向けて松丸氏が考案した2問の謎解きが出題され、2人は苦戦しながらもヒントをもらいつつ見事に解き明かすことができた。