田中理事長との2ショット

写真拡大

“日大のドン”として知られる田中英壽理事長の存在感は意外なところにまで波及していた。アメフト、レスリングに続いて、ボクシング業界にも、組織の体質を巡る告発が起きている。

 国内のアマチュアボクシングを統括する日本ボクシング連盟(日本連盟)傘下の県連盟幹部らが、日本連盟の山根明会長の“悪行”を訴え、日本オリンピック委員会(JOC)や日本スポーツ振興センター(JSC)、所管の文部科学省などに告発の準備を進めている。

 県連幹部らは「日本のボクシングを再興する会」を組織し、6月に山根会長の退任を求める文書を全国の都道府県連に送った。9人で始まった会は、約20の県道連トップや大学ボクシング部監督、元五輪代表選手など300人を超す構成員に膨れ上がった。告発メンバーのひとりが言う。

「山根会長は2011年の就任以来、“恐怖政治”で権力を固めてきた。選手を人質に取られている傘下の組織はみんな声を上げられなかった。だけど、このままでは競技が衰退していくばかり。実際、2023年からの国体でボクシングは隔年開催に“降格”が決まった。そういう危機感が我々を突き動かしたのです」

 告発状では、山根会長によるJSC助成金の不正流用、公式試合用グローブなどの不透明な独占販売、公式試合における審判不正──など12項目に及ぶ疑惑を指摘するという。

「それでも山根会長にとっては、どこ吹く風のようです。その会長の強固な権力の源泉は、ある“有力者”との関係にもあるとされています。告発に向けて情報収集する中では、関係者から提供された山根会長とその有力者との親密写真が話題になりました」

 そう話すのは別の告発メンバーだ。写真で山根会長と固い握手を交わすのは、日大の田中理事長だ。

「2人は昵懇で、数十年来の仲と言われています。2016年の日大相撲部の祝賀会にも、山根会長が招待されていた。さらに、今年4月には山根会長が日大の客員教授に就任したので、衝撃が走りました。今後も山根会長の問題を追及するうえで、そうした関係も焦点になるとみています」(同前)

 山根会長の在籍や田中理事長との関係について日大に確認すると、「4月1日から1年間日本大学客員教授を委嘱しております。スポーツ科学部で特別講義をしています。それ以上はお答えできません」(企画広報部)という。

 日本連盟にも、告発状や山根会長と田中理事長との関係などを問うたが、「ノーコメントといたします」とのことだった。類は友を呼ぶ、ということか。

※週刊ポスト2018年8月10日号