今年の流行はパステルカラー。たったひとつのコツでおしゃれになる

写真拡大

【モードをリアルに着る! Vol.21/小林直子】

「ヴィクトリア・ベッカム」の2018年春夏コレクションでは、ピンク、薄い水色、ラベンダーなどのパステルカラーが多く見られました。
 今期、パステルカラーは「ヴィクトリア・ベッカム」のほかセリーヌなどでも見られ、いわば流行の色となっています。

◆色の流行ってなぜ起きる?
 皆さんもお気づきだと思いますが、色にも流行があります。そして同じ時期に、複数のブランドが同じような色合いのコレクションを発表する、ということがよくあります。

 これはなぜかというと、どのブランドも生地は生地メーカーから買うからです。生地メーカーはトレンドブックを見たりして色を決めますから、どのメーカーも似たような色を同じ年に出してきます。

 またそれだけではなく、有名な高級生地メーカーというものは、そうたくさんあるものではありませんので、もしかして、その似たような色合いの生地は、同じ生地メーカーから各ブランドが仕入れた可能性もあります。

 そんなわけで、2018年の春夏はパステルカラーの生地を使った服が多くなりました。

◆パステルカラーはまさに2018年の気分
 さて、パステルカラーの服です。皆さんも周囲を見渡してみるとおわかりのように、昨今、パステルカラーを着ている人は、幼稚園児や小学生を除いては、決して多くはありません。いわゆる子供用のパステルカラーの服はまだある一定程度売られてはいますが、大人用になると、売られている数もアイテムも少なく、それを着ている人はもっと少なくなります。

 2018年の春、各ブランドが発表しているパステルカラーのアイテムはスーツ、コート、シャツ、スカートなど、アイテムは多岐にわたっています。実際、こんなにもたくさんのアイテム、しかも大人用のものが日本の市場で売られるかというと、そんなにたくさんはないでしょう。
 それでもなお、この時期にパステルカラーを着るということには意味があると思います。それはパステルカラーはまさに2018年の気分であること、そして着ている人が非常に少ないからです。

 おしゃれに見えることの条件として、目新しいもの、余り見かけないもの、というものがあります。いわゆる「レアもの」がおしゃれに見えるのはそのためです。人は同じものをたくさん見ると、もうそれにさして魅力を感じなくなります。ありふれたものと希有なもの、どちらがおしゃれに見えるかといったら、希有なものになるのです。

◆パステルカラーをモードっぽく着るには?
 さて、そんなパステルカラーのアイテム、もしパステルカラーが好きで、売っているのを見つけることができたら、ぜひ試してみましょう。探すところを海外の通販サイトまで広げれば、見つけることができると思います。

 パステルカラーのアイテムを見つけて、それをよりモードっぽく着るためにはどうしたらいいでしょうか。そのヒントがこのヴィクトリア・ベッカムの提案しているスタイルにあります。

◆1色で全体をコーディネートするのがモードのスタイル
 モードでよく見られるのは、全体が1色のコーディネートです。よくあるのは白なら白、赤なら赤1色というコーディネートです。この「ヴィクトリア・ベッカム」のスタイルも、ラベンダーのスーツにラベンダーのシャツと、同じラベンダー1色で全体がコーディネートされています。これがモードのスタイルです。

 例えばパステルカラーのスカートを見つけることができたら、それとそっくりな色のシャツなりブラウスなりを探して、それを合わせるといいでしょう。日本では黒1色のコーディネートはよく見かけますが、こういった淡い色合いで全身1色コーディネートの人は、謝恩会や結婚式のニ次会以外ではほとんど見かけません。

◆パステルカラーでアイテムをそろえてみて
 色さえそろえれば、そしてそれをパステルカラーにしたならば、モードのスタイルで、かつ今の気分を表現できます。

 アイテムはスカートとシャツやブラウスなど、シンプルなもので構いません。もちろんスーツで気に入ったものがあったら、インナーも同色にしてみるといいでしょう。その場合、靴もこのヴィクトリア・ベッカムのスタイルのように、パステルカラーでそろえるときれいですけれども、靴まで合わせるのはなかなか難しいので、そこまでやる必要はありません。

 何も奇抜なアイテムや複雑なデザインのものを選ばなくても、色を変えたり、コーディネートを工夫することによって、今のモードの気分を簡単に表現することができます。気に入ったもの、好きなものがあるならば、チャレンジしてみるといいでしょう。

<TEXT/小林直子>
【小林直子】
ファッション・ブロガー。大手ブランドのパターンナー、大手アパレルの企画室を経て独立。現在、ファッション・レッスンなどの開催や、ブログ『誰も教えてくれなかったおしゃれのルール』などで活躍中。新刊『わたし史上最高のおしゃれになる!』は発売即重版に