患者から髄液を取る医師(2006年2月9日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】パキスタンの警察当局は13日、貧しい女性たちをだまして骨髄液を抜き取った疑いで、ギャング団のメンバーら5人を逮捕したと明らかにした。地元メディアの報道によると、骨髄液を抜き取られて身体に障害を負った女性らもいるという。

 パキスタン中部パンジャブ(Punjab)州ハフィザバード(Hafizabad)県の警察当局によると、被害女性の親族からの通報によって容疑者5人を逮捕したという。この女性は結婚のための持参金が無料になるプログラムのために必要な措置だと言われ、骨髄液を取られた。

 パキスタンでは犯罪組織などが関与する医薬品の闇市場が大きな問題となっているが、当局は採取された骨髄液が骨髄移植手術用として闇市場で販売されていたとみている。

 警察の捜査員はAFPに対し、「逮捕された5人は、地元の女性少なくとも10人から骨髄液を抜き取り、骨髄液を州政府が運営する病院の清掃作業員に売っていたと自供した。この作業員も拘束された」と述べた。

 その一方でウルドゥー語紙「デーリー・ジャング(Daily Jang)」は、容疑者らが少なくとも90人の貧しい女性たちから骨髄液を抜き取って体に障害を負わせたと報じている。

 パキスタンは違法な腎臓の移植手術もまん延しており、世界中の移植希望者を引き付けている。
【翻訳編集】AFPBB News