(左から)佐々木彩夏、百田夏菜子、玉井詩織。高城れに (C)モデルプレス

写真拡大

【ももクロ/モデルプレス=2月12日】有安杏果が卒業し、4人体制となったももいろクローバーZ(百田夏菜子、佐々木彩夏、玉井詩織、高城れに)の人気曲「行くぜ!怪盗少女」の歌詞変更が話題を呼んでいる。

ももクロ百田夏菜子「脱ぐ予定じゃなかった」本気対決で予想外の展開?

◆「行くぜ!怪盗少女」フルネームで対応


同曲は早見あかりがメンバーだった6人体制で歌われていたこともあり、当初は歌詞の中に「れに、かなこ、あかり、しおり、あやか、ももか」とメンバーの名前が使われていたが、早見卒業後は「れに、かなこ〜、しおり、あやか、ももか」に変更。

今回有安の卒業を受け、さらに歌詞変更が行われ「れに、かなこ、しおり、ささきあやか」と佐々木のみフルネーム対応となった。

百田は初披露となった11日の会見で「ついに1人フルネームで入っちゃった(笑)。ついにここまで来たか」と笑顔をみせ、佐々木も「ありがとうございまーす」と声を弾ませていた。

◆「斬新」「あーりんだけフルネーム」「様々なバージョンを」


ファンは「斬新」「ついにフルネームのメンバーが」「面白い」「なれなきゃ...」「まさかのフルネーム!」などと反応。

また、メンバーは佐々木以外も百田、玉井、高城と3文字読みのため「様々なバージョンが可能になりそう」「みんな対応できる」「ライブごとに変わっても面白い」などのアイディアも寄せている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】