1日放送の「今夜くらべてみました 3時間生放送SP」(日本テレビ系)で、作家で僧侶の瀬戸内寂聴氏が、外国人力士の活躍が目立つ相撲界に苦言を呈した。

番組VTRでは、フットボールアワーの後藤輝基が、500坪にもなる寂聴氏の豪邸を訪れ、酒を飲みながら話を聞いた。95歳で現役作家の寂聴氏は、執筆作業の合間に週刊誌をよく見ているとか。

そのため、芸能ゴシップにも詳しいという寂聴氏は、不倫ネタは必要だと豪語。一方、芸能人や政治家の不倫ネタ以外にも、最近では相撲界の騒動にも注目しているそう。

そんな寂聴氏は、現在の相撲界について「頭悪いね」「力強いけど頭悪い」とバッサリ。元横綱・日馬富士の暴行事件を引き合いに出し「(横綱の)白鵬が側にいてね、なんで止めないのよ」と苦言を呈したのだ。

さらに、寂聴氏が「だいたい外国人ばっかりだね」「それで国技とかってね。言えないね、恥ずかしくって」と、現在の相撲界に対する辛らつな意見を続けると、後藤は「なかなかディープな話ですけど…」と、困惑した様子をみせていた。

【関連記事】
白鵬の“物言い”を元後援会会長が厳しく非難「角界追放ぐらいしてもいい」
瀬戸内寂聴氏 寂庵のスタッフが一斉退職した理由「これ以上働かせるのは辛い」
田中みな実の自宅での行動に「恐ろしい」…本人も覚えておらず「怖いです」