11月20日、大相撲九州場所9日目が行われる福岡国際センターに到着した貴乃花親方(写真=時事通信フォト)

写真拡大

横綱の日馬富士が平幕の貴ノ岩に暴行した問題で、メディア報道が過熱している。この問題をめぐっては周辺の人物がさまざまな証言をしているが、日馬富士も、貴ノ岩も、貴ノ岩の師匠である貴乃花親方も、まだハッキリと説明していない。なぜ番記者たちは、彼らを問い質さないのか――。

■日本にはスポーツジャーナリズムはない

日本にはスポーツジャーナリズムはない。日馬富士暴行騒動を見ていて、つくづくそう思う。この騒動は11月14日のスポニチのスクープで始まった。

九州場所が開幕してからの横綱の大不祥事だから、一般紙もすぐに後追いした。貴乃花親方に近いといわれるスポニチが、この時期に書いたのは、当然ながら貴乃花側の思惑が裏にあると見るのが、当然であろう。

その思惑は「ビール瓶で殴打」という刺激的なタイトルに見て取れる。酒席で酔っぱらった横綱が、モンゴルの後輩である関取を殴ったでは、インパクトは弱い。

しかしビール瓶で殴ったとなれば、読者が受け取る印象は大きく違ってくる。もし、ビールが入ったままの瓶で殴れば、ケガどころか死ぬこともあり得る。この報道にすぐ動いたのが、同じ席にいた白鵬だった。彼はわざわざ報道陣の前で「ビール瓶では殴っていない」とこれを否定した。

■なぜケガの具合について説明しないのか

真実はこれを書いている時点(11月24日)ではいまだ藪の中である。こういう場合、被害者である貴ノ岩か、貴乃花親方が、鳥取県警に診断書を付けて告訴した理由、貴ノ岩のケガの具合などについて、会見をするべきであろう。

また、記者クラブ側がそれを要求するのが当然なのに、スポーツ紙もテレビも、日馬富士や貴乃花親方を取り巻いているだけで、ワイドショーなどはその報道陣の右往左往を面白がって映しているだけである。

なぜ、これだけ大きくなった刑事事件を、貴乃花親方や八角理事長に「あなたたちはわれわれの疑問に答える義務がある」といえないのだろう。菅官房長官を怯ませた東京新聞の望月衣塑子記者のようなジャーナリストが、相撲や野球の世界では出てこないからであろう。

もはや、元相撲部出身の記者を送り込むのではなく、しっかりジャーナリズムの何たるかを心得た人間を、送り込むべきである。これだけモンゴル出身の力士が多くなってきたのだから、言葉のできる記者を養成すべきだが、しているのだろうか。

■人気選手の批判をしない日本のスポーツ記者

時津風部屋新弟子リンチ殺人事件をスクープしたのは「週刊現代」だった。八百長問題を長年追い続けてきたのも「週刊ポスト」と「週刊現代」で、野球賭博問題も早くから追及していた。スポーツ紙やテレビは、事件化してから書き出したのだ。一般紙もしかりである。

私が以前、イギリスに滞在していた時、スポーツ紙が、前日のアスコット競馬場のレースで、武豊が無様な乗り方をしたことを、一面で批判していたのを読んだことがある。日本の競馬記者が、武やクリストフ・ルメール、戸崎圭太の騎乗ミスを批判したことなど、私が知る限りない。

競馬は命の次に大事なおカネを賭けているのだ。馬の上に人間が乗って走るのだから、致し方ない。そうではあるが、明らかな騎乗ミスで人気馬が惨敗することがある。勝った馬は偶然でも、負けた馬の騎手の乗り方には理由がある場合が多い。

批判のないところに進歩はない。日本の記者クラブには問題が多いが、中でも最たるものが官邸のクラブと、各スポーツのクラブであると、私は思っている。

■貴乃花がモンゴル力士に注ぐ厳しい目

今回の騒動を見ていると、これは私の推測だが、モンゴル勢と貴乃花親方には、お互い思うところがあったのであろう。

たしかに、モンゴル力士たちは、相撲の世界にはあってはならないほどつるみ合い、酒を飲みかわすなど、一歩間違えれば「八百長」ではないかと疑われる所業が多いようだ。

それを快く思わない「ガチンコ親方」の貴乃花だったが、貴ノ岩だけは、その素質にほれ込み例外的に弟子にした。その代わり、モンゴルの連中とはつき合ってはいけないと厳しく申し渡していたという。

貴乃花親方が自分たちを厳しい目で見ていることをモンゴル力士たちもよくわかっていた。そこで、機会があれば、貴ノ岩を呼び出し、モンゴル出身力士としての心得をわからせ、貴乃花親方への腹いせにしたかったのではないか。

貴ノ岩が知人に、会合へ行く前に「何かいわれる」という予感を抱いていたと語っているようだが、それは、錦糸町で「これからは俺たちの時代だ」といったことだけではなく、入門以来続いていた、親方の確執の礫(つぶて)が、いつか自分に向けられることを予期していたからではないか。

■週刊文春と週刊新潮に共通する事実

二次会のカラオケボックスで何があったのかは、まだ詳らかではない。

「週刊文春」(11月30日号)によると、二次会の席で白鵬が貴ノ岩に「そういうことをいったのか」と切り出したといわれている。だが、その最中に貴ノ岩がスマホをいじりだした。

「その態度に腹を立てた日馬富士が『大横綱が話している時に何をしているんだ!』と叱りつけると、貴ノ岩が睨み返してきたためカッとなり、暴行が始まったそうです」(ベテランの相撲記者)

この修羅場を、「週刊新潮」(11月30日号)ではこう伝えている。

「日馬富士は“何シカトしてるんだ”とモンゴル語で怒り、まずカラオケのマイクを貴ノ岩に投げつけました。ドスのきいた声で“オーイ!”と言いながら、さらに氷やマドラー、カラオケのリモコンを“オーイ!”と言いながらすごい勢いで投げつけたのです」

そして日馬富士の口から相手を侮辱する「最悪の言葉」が出たという。

「彼は何度も“ビスタ!”と言って貴ノ岩を罵った。モンゴル語で女性器のことで、“女のアソコでも舐めとけクソ野郎!”といった意味です。そのうちに日馬富士は身を乗り出して、貴ノ岩のおでこを拳で力一杯何度も殴り始めた。これは相撲界で“クラワシ”と呼ばれる制裁方法です」(モンゴル力士に詳しい関係者)

■「こんな下らないことはオレたちの時代で止めますから」

だが、当初はすみませんとやられるに任せていた貴ノ岩も耐え切れずにモンゴル語でこういったという。

「こんなことやってる場合じゃないですよ。だからモンゴル人力士はダメだって言われる。こんな下らないことはオレたちの時代で止めますから」

日馬富士の怒りにさらに火が付き、焼酎「魔王」の瓶を掴んで殴りかかろうとしたのを白鵬が制止し、外に連れ出したそうだ。

文春、新潮ともに、戻ってきた日馬富士に貴ノ岩が謝り、日馬富士も、オレもやり過ぎだな、悪かったと謝って、皆で乾杯し直して、再び和気あいあいと飲み始めたと報じている。

文春によると、事件後貴ノ岩は鳥取城北の関係者に連れられて治療に行き、頭部の傷口を医療用ホチキスで塞ぐ治療を受けたそうだ。だが、日ごろからモンゴル力士たちがつるんで飲んだりするのを苦々しく思っていた貴乃花親方が、貴ノ岩の様子がおかしいことに気付き、問いただして知るところとなった。

■このままでは国際問題化しかねない

貴乃花親方が巡業部長という要職にありながら、相撲協会への報告が遅れたのは、協会に対する不信感の表れだといわれる。暴行現場にはモンゴル勢だけだったから、彼らが口裏を合わせて、自分たちに都合のいい話をでっち上げられるのを阻止するために、警察へ訴えたというのは理解できる。

だが、事態がここまで大きくなり、一部報道ではモンゴルの人々が、朝青龍や日馬富士という自国の英雄たちを、日本人が排除しようとしているという反発が強く、このままでは国際問題化しかねないともいわれている。

沈黙を続ける貴乃花親方は、自分がつけた火が燃え広がっていくのを面白がっている、と思われても仕方ないところがあるのも事実である。

現理事長の八角親方の責任問題にまで発展させて、辞任に追い込み、来年の理事長選挙で自分が理事長になるという策略なのではないか、といううがった見方まで出ている。

暴力を振るったことは早々に日馬富士が警察の事情聴取で認めている。その暴力が、少し生意気な後輩への叱責を込めた程度なのか、はるかにその限度を超えたものだったのかを、当事者の口から聞き出し、引退勧告までいくのか、その寸前で収めるのかを、相撲ファンならずとも注視している。

■日馬富士という力士のインテリぶり

私は贔屓ではないが、日馬富士という力士はなんとなく好きだ。

彼は大学に通い、自ら絵筆を取り、富士山をモチーフにした油絵を描くことで有名だ。相撲取りの中ではかなりのインテリといえるかもしれない。

その日馬富士が『新潮45』(12月号)に手記を寄せているが、そこにこんな言葉がある。

「稽古は嘘をつきません。神様の導きと親からもらった丈夫な体だけでは、相撲に勝つことはできないんです。稽古をした者しか勝てないんですよ。(中略)一日中相撲のことを考えているのが横綱。力士全員にそれを求めるのは難しいでしょうが、『強くなりたい』と思うなら、若手力士にはそれぐらいの気持ちで相撲に取り組んでほしいと思うのです」

貴ノ岩を「教育してやろう」という思いで殴ったという見方もあるが、いくら何でもやり過ぎであろう。だが、品格などというあいまいな言葉で、一人の横綱を角界から追放していい訳はない。

日馬富士や白鵬はもちろんのこと、貴乃花親方と貴ノ岩も、包み隠さず丁寧に当夜のいきさつを説明する義務があるはずだ。

メディアも、これまでのような力士や親方、相撲協会とのもたれ合いを反省し、事実を取材で掘り起こし、相撲ファンの知る権利に応えるべきである。

(ジャーナリスト 元木 昌彦 写真=時事通信フォト)