お金を使う罪悪感を持つ悩みに細野氏が回答

写真拡大

 日々『細野真宏のつけるだけで「節約力」がアップする 家計ノート2018』(小学館刊、定価500円+税)の愛読者ハガキを読み、読者の意見に真摯に向き合っている著者の細野真宏さん。ある日、切羽詰まったお悩みに彼の手が止まった。シンプル記入が信条の家計簿。なのに何に追い詰められているのか。千葉県在住、夫とふたり暮らしで共働きの年収は950万円だという読者のKさん(39才)と直接会ってみることにした。Kさんからの「お金を使うとなくなってしまう気がして。罪悪感を持つ私はどうですか?」との問いに、細野さんが答える。

Kさん「うちは夫がサッカー好きでスパイクやユニフォームやら…私とは違って、どんどん買ってくる。本人は“働いてるんだからいいじゃないか”とよくいうんです。それでいうと、私も働いているので、このあとデパートで服を買いました、といっても誰も怒らないと思うんですよ。ただ、そういう贅沢の罪悪感を持ちながら生きてるなって、つくづく思うんです」

細野「つまり、夫婦でお金に対する価値観が全く違うんだね(笑い)」

Kさん「つつましくどこにも出かけず、1日3食作り節約を考えて生きていくのが正しいんじゃないの?って誰かに言われてる気がするんです」

細野「なるほどね。典型的な日本人像でもあるよね。ただ、発想を変えてみるのもいいんじゃないですかね。まず、そもそもなんで預金や節約をするかといったら、自分がしたいことをするため、ですよね。ちゃんとセーブできていれば、趣味のサッカーとかに使っても、ご褒美的な意味が出て、漠然とした罪悪感を持つ必要がなくなると思うんですよね。つまり、罪悪感を持たないで済むように家計ノートで管理していると考えるといいのでは」

Kさん「家計簿も何となく、とあいまいでしたが、そういう視点が持てるのであればモチベーションが急に上がりますね(笑い)」

細野「そうそう、なんのために節約力をアップするのかといえば、無駄なところでお金を落としてドブに捨てている状態を続けるよりは、ちゃんとお金を見る目を磨いて、引き締めるところは引き締めて、それで節約力をアップさせる。貯め続けるのがいいのではなく、コートを買ったり、旅行やレストランに行ったり。家計に破綻をきたすなら困るけど自分で管理できて生まれたお金なら躊躇なく使えますよね。本当の意味で充実した生活が送れる。これが家計ノートの最終目的でもあるんです」

Kさん「心配せず思いっきり楽しめるようになりたいなぁ。でも逆に欲しいものはどう抑えたらいいんでしょうか?」

細野「まさに書くんです。この目標の部分に“10万のコートが欲しい”って書いちゃえばいいんですよ」

Kさん「なるほど、それを実現するために家計ノートで貯めていけばいいんだ!とてもスッキリできました(笑い)」

細野「最後に、みんなが“貯まる女”を目指すのに大事なKさんの教訓はありますか?」

Kさん「多くの人は使い過ぎたら罪悪感があると思うのですが、包み隠さず書いて欲しいです。実は私ちょっと精神的に参っている時に、少し高額な絵画を衝動買いしたんです。最初は“うわー書くのやめよう”と思ったんですが、正直に書いて正解でした」

細野「その日のメモ欄に1行書くだけで後々見返した時に、あぁこの時こういう状況だった。今は元気になってよかったと思えたり、いろんなことを考えられるんだよね」

Kさん「書かないと、思い出す機会もないので後々の自分に必ず役に立つと思います」

※女性セブン2017年10月19日号