合コンで「女性たちをドン引きさせた企業」ランキング 飲み会芸はもはやNG?

写真拡大

 今年も残すところ2か月あまり。慌ただしく過ぎていく’17年の合コン事情がどうだったのか? あまたの企業と対峙してきた女性たちが本音を包み隠さず格付けする!

 女性たちの証言から浮き彫りになった「悪目立ちしてしまった企業」とは果たしてどこなのか。まずは、若い美女に食事をおごることをステータスにする、話題の「港区おじさん」が多い業種から。堂々の1位を獲得したのは、ベンチャー経営者。「恥ずかしいほどにバブリーな遊び方をしがち。下品な感じがにじみ出ている」(32歳・IT)と辛らつな声。また、2位のプルデンシャル生命にも、「カネで時間を買われているのかと思うほど、見下されてる感が否めない」(31歳・保険)とイラ立つ女子も多数。昨今は金払いのよさより品性が重要なのだと心得ておきたい。

 一方、サンシャイン池崎ばりのハイテンションで女性を困惑させてしまった企業のワーストに名指されたのが野村證券。「愛社精神があるのは結構だが、ノリに任せた宴会芸や仲間同士の持ちあげ合いはキモい」(32歳・出版)と、本来なら尊ばれるはずのチームプレーが非難の対象に。

「合コン中の伝統芸はいまや男性だけの内輪ウケになりがち。最近の若い世代はその雰囲気が苦手なコが多い」と分析するのは合コンコンサルタント&ライターのマドカ・ジャスミン氏だ。

 そして、非難が殺到したのが、隠れ既婚が潜む合コンだ。昨年のゲス不倫ブームに続き、今年も数多くの不道徳な男女関係が世間を騒がしたが、それはサラリーマンの世界においてもなかば常識になっているよう。1位の東京海上日動は、「若々しい人が多いので、気づかない」(28歳・金融)とその見た目に騙された人が多し。全日空(2位)は、「パイロットは圧倒的にモテるので、不倫しまくり」(29歳・イベント)と女子側の警戒レベルはすでにMAX。

 金払いが派手すぎてダメ。ノリがよすぎるのもダメ。常に変化を続ける合コン市場では、かつての通説はいつまでも通用しないのだ。

【それぞれのワースト5ランキングは以下のとおり】

<港区おじさん率が高い企業>

1 ベンチャー経営者
「3ツ星レストランの数万円もするようなコースに連れていかれ、この後、対価に何を求められるのか恐ろしくなった」(27歳・食品)

2 プルデンシャル生命
「いくら稼いでいるか知らないけど、ジャンジャンお金を使いすぎ。顔は笑っているけれども、周囲を見下してそう」(33歳・製紙)

3 医者
「年を取ってから遊びを覚えた人が多いのか、遊び方が昭和っぽい。合コンにフレンチって今どきあまりしないのでは?」(31歳・保険)

4 マッキンゼー
高級店に連れていってもらったものの、ご飯がおいしかったことしか覚えてなくて、それ以外は印象なし」(29歳・医療事務)

5 テレビ朝日
「いい店には連れていかれたけど、ひたすら『毎日忙しくてさ』などの仕事の自虐風自慢を聞かされ続けてイライラした」(28歳・広告)

<空前絶後のハイテンションな企業>

1 野村證券
「空気を読まない謎のコールや突然の宴会芸など満載でお腹いっぱい。そんなに楽しいなら男だけで遊べばいいのに」(31歳・音楽)

2 日本生命
「大企業だし、もう少しスマートな人が多いのかなと思いきや、ノリに任せた宴会芸を連発。残念な思い出しかない」(26歳・アパレル)

3 三井住友銀行
「最初は静かなのに酒を飲むとテンションがアップするという学生の飲み会状態に。ストレス溜まってるのかな……」(32歳・流通)

4 住友不動産
「体育会系出身のガタイのいい人が多いせいなのか、とにかく脱げば笑いをとれると思っている姿勢にかなり引いた」(24歳・事務)

5 三菱商事
「カラオケでの男性陣のテンションが高すぎ。コールや拍手を求められて、まるで接待のよう。とにかく疲れた」(27歳・公務員)

<隠れ既婚が潜む企業>

1 東京海上日動
「過去の合コンで、既婚者に2度も遭遇。でも、身だしなみに気を使っている人が多くて若いから、全然気づかない」(31歳・書店)

2 全日空
「パイロットは自由時間が限られているからか女に飢えていて、既婚が紛れ込みがち。人気業種ゆえ騙されるコも多い」(25歳・製造)

3 弁護士
「モテ始めるのが遅い人が多いのか、『いろんな女のコをつまみ食いしたい』みたいなことを言っていて引いた」(34歳・メーカー)

4 日本テレビ放送網
「最初は『バツイチだ』と言っていたが、あとで普通に結婚していたことが発覚。業界人は嘘がうまいと思った」(28歳・ブライダル)

5 三菱UFJモルガン・スタンレー証券
「初対面は優しいけど、すぐ冷めるイメージ。プライドが高くて、釣った魚には餌をやらずに放置するタイプだった」(32歳・保険)

取材・文/週刊SPA!編集部
※週刊SPA!10月24日号『合コン四季報2017秋』より