暖房の設定温度は何度ぐらいがよいのか?

写真拡大

朝晩冷えるようになり、寝室にも暖房が必要な季節が近づいてきた。冷房では28度設定が好ましいという話をよく耳にするが、暖房の場合はどうなのだろう? 「教えて!goo」にも、「エアコンの設定温度」と、暖房運転時の適切な温度設定や、省エネの目安について質問しているユーザーがいた。そこで今回は、パナソニック株式会社の藤田美穂さんに、体だけでなく懐も温まる暖房の推奨温度や節電のコツなどについて伺ってみた。

■節電の観点では低めがおすすめ

暖房は何度ぐらいの設定が適切なのか。外気温を基準に判断する方法などはあるのだろうか。

「暖房の推奨温度は、使用する人の環境や体感温度などが異なるため具体的には設けていませんが、温度を上げすぎず使用したほうが節電になります。逆に、外気温と設定温度の差が大きければ大きいほど、運転に強いパワーが必要になり、電力も消費します」(藤田さん)

寒い冬季の外気温を考えると、できるだけ低い温度設定を心がけたい。

■暖房器具以外も活用しよう

では、具体的にどうすれば節電につながるだろう。

「外気温との差が少ないほど、消費する電力は少なくなるため、温度設定は20度以下をおすすめします。扇風機やサーキュレーターを併用すると、室内に温風を循環させ、早く温める効果があります。また、フィルターにホコリがたまると室内全体へ風が行き渡りにくくなるため、定期的に掃除をすることも重要です。暖房運転時は、室外機から冷たい風を外へ逃がしているため、室外機の周囲に物を置かないこともポイントです。加えて、窓から入ってくる冷気を遮るため、床まで届く厚手のカーテンや断熱シートを使用するのもよいでしょう」(藤田さん)

■つけたり消したりはダメ?

小まめな掃除とサーキュレーターなどの併用は、夏場と同様だ。では、ついやってしまう“つけたり消したり”はどうだろう。

「外気温が低いとき、冷えた室内が設定温度まで暖まったからと一時的に消すと、当然ながら電力消費はしません。しかし、再び部屋が冷えて暖房をつけると、設定温度まで上げるために大きな電力を要するため、節電になるとは言い切れません。消そうと思ったときは、室内が冷えすぎる前に再運転すると“つけたり消したり”も有効かもしれません」(藤田さん)

ということは、20度設定より19度設定、19度設定より18度設定の方が節電になるのだろうか。

「同様に、外気温と設定温度の差によります。設定温度を低くしても、外気温がマイナスなどのときは、部屋を暖めるために大きな電力が必要になります。また、外気温は変動があるため、一概に暖房の設定温度を低く保てば、必ず節電できるというわけでもありません」(藤田さん)

節電は大切だが「何より体調を優先的に考えて欲しい」と藤田さんは付け加えた。特に発汗機能が低下する高齢者や、体温調節が未熟な乳幼児は、低い温度設定により体調を崩してしまう可能性もあるため、限度をわきまえたい。

■エアコンの能力表示について

カタログやエアコン売り場で「能力表示」を目にしないか。品番や消費電力などが記載されているが、なかでも「畳数の目安」は節電に有効な情報だという。

「例えば『暖房6〜7畳』という記載は、暖房運転では『木造平屋南向き(和室)なら6畳』『鉄筋マンション南向き中間階(洋室)なら7畳』に適しているエアコンという意味です。木造住宅よりも鉄筋住宅のほうが密閉性は高いため、適用目安が異なります。適用畳数以上の部屋で使用すると、より多くの電力を消費するため節電にはなりません」(藤田さん)

「いくら設定温度に気をつけても、節電できない」という人は、適用畳数を確認してみよう。ちなみにいろいろ自分で調整が苦手という人に向けた省エネ機能もあるという。

「パナソニックの省エネ機能『ECONAVI(エコナビ)』は、ムダを見つけて自動で節電する機能です。人がいる生活エリアに絞って運転する機能や、室内に差し込む日差しの強弱を検知して運転する機能などがあります」(藤田さん)

今回は暖房の設定温度から節電までさまざまな手法を聞いたがいかがだっただろうか。何事もやり過ぎは禁物なので、健康第一で温度設定や節電を行って欲しい。

●専門家プロフィール:パナソニック株式会社
広報エアコン担当

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)