オーストラリア・シドニーで、緑茶の包装材を手にする警察官(2017年10月6日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】オーストラリア当局は6日、36億豪ドル(約3200億円)相当のメタンフェタミン(結晶状覚せい剤)を生成可能な液状エフェドリン3.9トンを押収したと発表した。

 メタンフェタミンは俗に「アイス」や「クリスタルメス」とも呼ばれ、依存性が極めて強い薬物。エフェドリンは緑茶ペットボトルの貨物に隠されてタイから密輸されていた。同国でのエフェドリン押収量としては過去最多だという。

 オーストラリアはメタンフェタミンの使用者1人当たりの消費量が世界で最も多く、末端価格も急騰していることから、業者からますます格好の密輸先とみなされているという。

 マイケル・キーナン(Michael Keenan)法相によると、過去3週間にわたって警察および国境警備隊が実施した2回の捜査で、やはりタイから密輸された石こう容器入りのメタンフェタミン350キロも押収されたという。

 キーナン法相は今回の摘発について、「タイ当局から、シドニー(Sydney)に大量の薬物が密輸された疑いがあるとの情報を受け、連携して一斉捜査に踏み切った」と明かした。

 当局はエフェドリン密輸に関わっていたとみられる2人を逮捕したが、国籍は明らかにしていない。政府によると、押収されたエフェドリンからはメタンフェタミン3.6トンが生成可能だという。
【翻訳編集】AFPBB News