春日俊彰(オードリー)

写真拡大

13日放送の「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)で、オードリー春日俊彰の驚異的な肺活量が明らかとなった。

番組では、「芸能人 健康診断 秋の特別編」と題して、春日らが健康診断を新百合ヶ丘総合病院(神奈川県川崎市)で受ける企画を放送。肺機能検査を受診することになった。

春日といえば、昨年開催の「フィンスイミング ワールドカップマスターズ」で銀メダルを獲得した実績があり、本人も「昔から息止めるのは自信がありました」「5分とか止められました」と豪語した。

検査の結果、春日は「肺年齢マイナス20歳」だと診断されたのだ。現在38歳の春日の肺は18歳ということになる。肺活量も6260mlと測定され、一般男性の3000〜4000ml、よく運動する人の約5000mlという目安を大きく上回った。

出演者が一様に驚愕する中、共に健康診断を受けた松本明子は「めちゃくちゃですね!」と声を上げていた。

【関連記事】
オードリー・春日俊彰を塾講師が絶賛 東大受験企画で驚異的な結果を叩き出す
オードリー・春日俊彰の体当たり食レポに有吉弘行も「スーパースター!」
春日俊彰の節約ぶりに周囲も唖然「話が通じない」「別次元」