米カリフォルニア州に、奇妙な光景が広がる町がある。それがサンフランシスコ半島にあるレッドウッドシティだ。

この町に広がる奇妙な光景がこちらだ。

そう、この町にはあるはずのない影であふれているのだ。これはいったいどういう仕掛けなのだろうか。

ペイントされた“ニセの影”

すでに気が付いている人もいるかもしれないが、影の正体はこちらの画像を見るとよくわかる。

ぼんやりとした明かりにもかかわらず、はっきりと浮かび上がる影。そう、これは地面に描かれたペイントだ。

▼制作中の風景

町をクリエイティブに

一連の作品は、市民団体「The Redwood City Improvement Association」などが、町のクリエイティビティを向上させる目的で市に寄付して行われたもの。

地元のアーティストであるDamon Belangerさんは、2016年上旬に市内に20個の作品を設置している。

時間が経って薄くなってしまった作品は描き直すそうだ。

このプロジェクトは、2016年のHow International Design Awardを受賞。この夏もメディアが取り上げたり、海外掲示板のRedditで話題になったりと、さらに注目度を上げている。