朝霞の少女誘拐事件 被告が奇声をあげ裁判長が休廷を宣言

ざっくり言うと

  • 埼玉県朝霞市の少女が2016年、約2年ぶりに保護された誘拐事件の判決公判
  • 被告は職業を問われ、「森の妖精です」と答えるなど意味不明な主張を続けた
  • 裁判長は開廷直後に休廷を宣言し、公判は中断された

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング