平嶋夏海

写真拡大

24日深夜放送の「じっくり聞いタロウ 〜スター近況(秘)報告〜」(テレビ東京系)で、元AKB48平嶋夏海が、ファンとの握手会について当時の本音を告白した。

番組では、平嶋がAKB48時代の過酷な活動実態を、司会のネプチューン・名倉潤らに打ち明けていた。元AKB48の1期生である平嶋は、スタジオに同席していた元SKE48およびSDN48の手束(てづか)真知子と握手会でのギャラ事情を振り返る。

手束が「握手会は(ギャラが)最初は出なかったんですよね。途中から衣装代ということで1日○○円…」と明かすと、放送では伏せられた金額に平嶋は驚きの声を上げた。

平嶋は「私は事務所に入ってて固定給だったんで。握手会が何日あっても(給料は)変わんないから、タダ働きの気持ちで。まあ、そう言っちゃいけないんですけど」と淡々と当時の心境を吐露したのだった。

赤裸々な平嶋の告白に笑いが起こると、名倉は「何がタダ働きやねん! 会いに来てんの!」と、声を荒げて注意。平嶋はとっさに「そうですよね!」と、笑顔で反省していた。

【関連記事】
指原莉乃 AKBファンの「大迷惑」な行動を暴露「フォロワーをプレゼント」
峯岸みなみが須藤凜々花の結婚宣言で本音「私のことを忘れるんじゃないかな」
泉谷しげる 指原莉乃の総選挙苦戦を分析「でかくなりすぎた」