夏バテや夏風邪からくる代謝低下で、下半身のむくみに悩む季節……。夜の骨盤ほぐしで寝ている間に下半身のむくみケアを行いましょう!

写真拡大

夜、寝ている間に下半身のむくみケア!

夏本番を迎えたこの時期、夏バテや夏風邪で、ボーっとしたり、下半身がダルく重くなる時期でもありますね。この下半身のむくみは、エアコンや冷えた飲料による代謝低下で老廃物がうまく流れず、溜まったままになってしまうから。

ここでご紹介する、寝ている間のむくみケアは、寝る前に体をほぐすことで、寝ている間に下半身のむくみを改善してくれます! 腹筋を使って骨盤周辺のコリをほぐし、下半身をストレッチしましょう!

寝る前のゴロゴロ骨盤ほぐし

まずは、骨盤周辺のコリをほぐして全身の血流をよくするゴロゴロ骨盤ほぐしから! 腰を痛めているとき、腰に痛みを感じたときは行わないでください。

 
1. マットやバスタオルを敷いた柔らかい床の上で、体育座りになり両手を太ももの後ろへ添える。
 
2. 体をそっと傾け両脚を浮かせ、バランスをとります。この姿勢で息を吐き深呼吸。
 
3. 息を吸いながら、ボールのように丸い背中で後ろへ転がる。
※頭を床で打たないように注意しましょう。
 
4. 息を吐きながら、ゆっくりと起き上がる。

5. 3と4の動きを交互に、背中を床でマッサージするようなイメージで5〜6回ほどゴロゴロとゆっくり転がる。

次は、寝ている間の下半身むくみケアにチャレンジ!

寝ている間に下半身のむくみケア

寝る前の下半身ストレッチで寝ている間にむくみを改善しましょう!

 
1. 右脚を低めのイスの上に置き、両手は腰に。息を吸って準備。
 
2. 息を吐きながら、右ひざを曲げ、左の股関節を気持ちよくストレッチ。この姿勢のまま3回深呼吸。
※右脚を深く曲げると強く、軽く曲げると弱く、左股関節がストレッチされます。ムリなく行ってください。
 
3. 息を吸いながら、上体を元の位置へ戻します。

4. 2と3の動きを2〜3回繰り返す。

5. 左右の脚を入れ替え同様に行いましょう。
寝る前の骨盤ほぐし&ストレッチはいかがでしたか? 寝る前に体をほぐすことで、寝ている間の循環を良くすることができます。

下半身が疲れてむくんでいる日はもちろん、夏の間に続けることで、夏バテの防止にもつながります。 この夏の1カ月、寝る前にぜひ続けてみてくださいね。
(文:柳沢 とも子)