亀田興毅

写真拡大

21日放送の「戦え!スポーツ内閣」(毎日放送)で、ボクシング元世界王者の飯田覚士氏が、同じく元世界王者・亀田興毅氏の行った番組企画への苦言を呈した。

番組ではゲストに亀田氏を迎え、「亀田興毅に勝ったら1000万円」(AbemaTV)を話題にした。これはネット番組の企画で、亀田氏が続けざまに4人の一般人を相手にボクシングで対決し、大きな話題となっていた。

この企画について意見を求められた飯田氏は「僕は反対派ですね」「全然もう僕は納得してないですね」と物申したのだ。飯田氏は企画への感想として「興奮しますけど、そのさせ方ですよね。興味の持たせ方ですよね。そこを僕は全否定」と強い言葉で言い切る。

飯田氏は、企画がボクシングについて「ワルがやるとか、不良のスポーツみたいなそれを上塗りするみたいなところ」を問題視。「美談になってますけど、僕はイヤです」と重ね重ね企画を否定したのだった。そんな飯田氏は、企画の具体的な問題点として「(素人を)殴っちゃダメでしょ!」と指摘。実際に殴らなくても、スピードやテクニックなどでボクシングの素晴らしさを伝えることはできたはず、という持論を展開したのだった。

亀田氏は「リングの上では嘘をつきたくない」といい、本気で応戦しなければ相手のためにならないと飯田氏に反論した。そして、自らが行った方法はボクシングを広めるために「手っ取り早い」方法だったと話したが、飯田氏は「そこがダメなんですよ」と最後まで納得していない様子だった。

【関連記事】
やくみつる氏 亀田興毅氏の救急搬送に皮肉「対戦するなら弱い相手を選ばなきゃ」
亀田興毅が現役時代に起こした「問題会見」の裏側を告白 入念な準備があった
土田晃之がブチギレた亀田家3兄弟の父・史郎氏を目撃「車どこやねん!」