画像

写真拡大 (全4枚)

 ジャストシステムは『モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2017年4月度)』を実施。その結果、10代の約半数が「SNOW」を利用しており、情報収集の手段としてTwitterなどのSNSを選択する10代が多いことが明らかになった。

 ジャストシステムはネットリサーチサービス「Fastask」を利用し、15歳から69歳の男女1,100名を対象に、『モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2017年4月度)』を実施した。

●10代の約半数が「SNOW」を利用。「Instagram」利用率を抜く

 10代に現在利用中のSNSを聞いたところ、最も利用者が多かったのは「LINE」(88.0%)で、次に「YouTube」(81.0%)、「Twitter」(75.0%)となった。「SNOW」を現在利用している人の割合は49.0%で、「Instagram」(43.0%)を上回る結果となった。

●「ライブ動画」を最も頻繁に視聴するのは「LINE」に

 スマートフォンユーザーのうち、SNSなどで配信されるライブ動画を「頻繁に視聴する」人の割合は6.3%、「ときどき視聴する」人は34.0%だった。ライブ動画を視聴するときに最も利用するSNSは「LINE」(27.1%)で、次に「Facebook」(19.1%)、「Instagram」(17.4%)が続いた。

●10代の情報収集は約7割が「SNS」で、「検索エンジン」を上回る

 スマートフォンユーザーが新しいレジャースポットや話題のニュースなどの情報収集に利用するサービスは「Googleなどの検索エンジン」が最も多く(59.3%)、次に「インターネットの情報サイト(アプリ版を含む)」(52.1%)、「TwitterなどのSNS」(32.3%)となった。

 ただ、10代に限って見ると「TwitterなどのSNS」(69.4%)で情報収集する人が最も多く、「Googleなどの検索エンジン」(54.1%)や「インターネットの情報サイト(アプリ版を含む)」(37.8%)を上回った(※複数回答あり)。

●女性が飲食店の検索に最も利用するのは「Instagram」

 近くにある飲食店のメニューや雰囲気などを知りたいときに利用するSNSは「Twitter」(21.1%)が最も多く、次いで「Instagram」(13.2%)、「Facebook」(7.9%)となった。男女別に見ると、女性は「Instagram」(19.6%)を利用する人が最も多く、男性は「Twitter」(25.0%)を使う人が最も多いということがわかった。

【調査概要】
調査名:『モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査 (2017年4月度)』
調査期間 :2017年4月26日(水)〜4月30日(日)
調査対象 :15歳〜69歳の男女1,100名

MarkeZine編集部[著]