27日、韓国での高高度防衛ミサイル(THAAD)配備作業開始に配備地周辺の住民らが反発する中、敷地への装備の搬入を防ごうと集まったデモ隊を米兵が笑いながら撮影する姿が公開され、物議を醸している。資料写真。

写真拡大

2017年4月27日、韓国・中央日報などによると、韓国での高高度防衛ミサイル(THAAD)配備作業開始に配備地周辺の住民らが反発する中、敷地への装備の搬入を防ごうと米軍車両に詰め寄るデモ隊を車内の米兵が笑いながら撮影する姿が公開され、物議を醸している。

米兵の姿は、27日、あるネットユーザーが動画サイトYouTubeで公開した3分24秒の動画に収められていた。動画は、26日午前7時前、駐韓米軍がトレーラーやトラックにTHAADの装備を載せ、配備地である星州(ソンジュ)郡の元ゴルフ場に搬入する様子を映したものだ。搬入を防ごうと集まった周辺住民らは盾を手にした警察隊に阻まれ車列を見送るしかなく、抗議する叫び声やすすり泣く声も聞こえる。警察隊に無理に車列から遠ざけられた人々からは「けが人が出ています」「押さないで」といった悲痛な声も上がった。

そうした住民らの姿を、トラックの助手席に乗っていた米兵が笑顔を浮かべながらスマートフォンで撮影していたのだ。動画を見た住民からは怒りの声が噴出、当時、現場にいた住民の1人は「哀れな住民たちが警察に押されて絶叫しているのに、それを見て笑って通り過ぎるとは、人間としての基本的な礼儀がないのではないか」と米兵を批判した。

この報道に、韓国のネットユーザーからも「楽しんでるみたいだな!」「命を懸けて反対してるのに、それを面白がるなんて」「まるで犬や豚を見るような感じじゃないか」「僕らにとっては命に関わる問題なのに、やつらはゲームくらいに思ってるんだろう」「どれだけ韓国をばかにしてるんだ?」など怒りの声が相次いでいる。

しかし一方では、「悲しいの一言」「韓国は完全にカモ国家」「本当に哀れな国だ。同盟国に姿を借りた、米国の植民地」「そういう扱いをされる韓国に問題がある」「いつまでこんなふうに生きなきゃいけないんだろう?」と諦めのようなため息交じりのコメントも多数寄せられた。(翻訳・編集/吉金)