韓国・聯合ニュースなど複数の韓国メディアは、北朝鮮が16日午前、弾道ミサイル発射を試みたが失敗したと速報で伝えた。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。資料写真。

写真拡大

2017年4月16日、韓国・聯合ニュースなど複数の韓国メディアは、北朝鮮が同日午前、弾道ミサイル発射を試みたが失敗したと速報で伝えた。

韓国・陸海空軍の指揮を統合し、軍の最高統帥権者を補佐するための参謀機関である合同参謀本部は「北朝鮮が今日(16日)の午前、咸鏡南道(ハムギョンナムド)新浦(シンポ)一帯で弾道ミサイル発射を試みたが失敗したものと推定する」と明らかにした。北朝鮮が発射を試みたミサイルの種類はまだ分かっていない。

この報道に対し、韓国のネットユーザーからは「金正恩(キム・ジョンウン)は亡き父のもとに行くことを決めたんだ」「行くところまで行くつもりだ」「ついに北朝鮮という国がなくなる」「統一の時期が繰り上がった」など、ミサイル発射が北朝鮮にとって破滅的な結果をもたらすとする意見とともに、「米軍が怖くて、わざと失敗したんじゃないのか」「失敗したのも作戦のうちか」「発射の演技をするのも大変だな」「その失敗で命拾いした」など、失敗は計画的なものだったとする声も多く寄せられた。

ほかにも「米軍によるミサイル発射妨害があったのかも」「トランプはどう出るのだろう」「斬首作戦開始か」など、米軍の動きに関連した意見や、「ミサイルを発射する金があるなら、国民にもっと良いものを食べさせてやれ」とする声もあった。(翻訳・編集/三田)