5日、韓国のある航空会社の女性客室乗務員が、子ども3人を出産したという虚偽の届けを出して多額の手当を不当に受け取っていた事実が明らかになった。資料写真。

写真拡大

2017年4月5日、韓国のある航空会社の女性客室乗務員(CA)が、子ども3人を出産したという虚偽の届けを出して多額の手当を不当に受け取っていた事実が明らかになった。韓国・中央日報などが伝えた。

ソウル江南(カンナム)警察署によると、客室乗務員のリュ(41)は2010年、12年、16年の3回にわたって区役所に虚偽の新生児出生届を出し合計4年以上の出産・育児休暇を取得、またこの間、勤務先からの休業手当と政府からの支援金など合計4000万ウォン(約400万円)余りを受領、その後行方をくらましたという。

この事実は先月、江南の小学校で行われた新入生の予備招集と入学式に該当児童が参加しなかったため、学校側が警察に所在把握を依頼したことから発覚した。警察の捜査の結果、該当児童は病院や薬局を利用した記録がなく、実在しない子どもであることが分かった。

リュは今年2月に離婚、元夫は「妻が虚偽の出生届を出して休職していた事実を全く知らなかった」と供述している。警察は現在、リュの行方を追っている。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「すごい詐欺師だな」「虚偽の出生届を思い付くこと自体不思議。しかも3回も」と驚くコメントや、「本当に必要としてる人が周りを気にして休暇を取れないというのに」と怒りをあらわにしたコメント、「元夫は知らなかったのかな?」「戸籍謄本や医療保険証に子どものことも掲載されるし、税金の控除も受けてたはず。ハングルさえ読めれば知らない訳がない」「捕まりそうになったからとりあえず離婚届を出したんじゃない?」と推測するコメントなど、さまざまなコメントが寄せられている。

中には、近年問題になっている児童虐待事件と関連して「実際に子どもがいなくなったのではなく、もともと子どもがいなかったということでよかった」とするコメントや、「個人的な考え」としながら「自分で思い付いたのではなく、職場の誰かから伝授された手法だろう」と疑う声もあった。(翻訳・編集/松村)