氷点下4度の雪山で遭難したカップルが生還、2人を支えたのは愛の囁きだった

写真拡大

今月13日、米国ニューヨーク州にある標高1,559mの山、アルゴンキン・ピークで遭難していたカップルが救出され、遭難者の女性が48時間を生き抜くことができた理由を語った。

頂上で霧に包まれ

ニューヨーク州に住むカップル(上の写真)、マジソン・ポポリツィオさん(女性・19才)とブレイク・アロイスさん(男性・20才)はその日、ニューヨーク州で2番目に高い山アルゴンキン・ピークをトレッキングしていた。

天気は快晴。2人は見晴らしのいい景色を撮って、正午近くに、家族や友人に送信している。ところが山頂に着くと濃い霧に包まれ、下山ルートを見失ってしまった。そして道を踏み外し、約30m滑落。

そこで動けなくなった2人は、服やブーツに雪が入った状態で助けを待つしかなかった。今の季節、アルゴンキン・ピークは夜間マイナス4度まで気温が下がる。

氷点下の中48時間

「救援を待つ間に足の感覚が無くなってきたんです」と、マジソンさん(女性)は海外メディアに語っている。「すると彼は即座にバックパックを逆さにし、中身を全部出して、空になったバックパックを私の足に巻いてくれました」

「それから彼は、私のことをどれほど愛しているかを語ってくれ、救出された後の2人の暮らしのことを想像して話してくれました」

2人はこうやって交互に相手を励まし合ったという。

「どちらか一方が、もうダメだ、と思った時、もう一方が『ダメじゃない。あなたは、君は、こんなところでは死なない。2人で生き残らなきゃ』と言って励ましました」

「そして、山を降りたら結婚して幸せになり、パリで暮らすという夢を語り合って気力を持ちこたえさせました」

凍傷で指を切断か

救助隊のヘリコプターが2人を発見したのは、遭難から48時間後だった。2人の命に別状はなかったが、凍傷にかかった足の指を何本か切断することになる可能性があった。マジソンさんはその時、彼にこう尋ねたという。

「私に足が無くなったとしても、私のことを可愛いと思ってくれる?」

彼はこう答えたそうだ。

「君に脚が無くてもいいさ、腕が両方無くてもいい、それでも君は世界一可愛い女の子だよ」

海外メディアの取材によれば、マジソンさんは切断を免れたが、ブレイクさんは数本の指を切断せざるを得なかったらしい。

マジソンさんは後に、次のようなメッセージをインスタグラムに書き込んでいる。

「つき合い始めて1年半の記念が、遭難、救出、凍傷になるとは思わなかった。でもあなた(ブレイクさん)がいる限り、私は大丈夫よ」