アルコール依存症に苦しんだ41歳男性が安楽死 オランダ

ざっくり言うと

  • オランダで、アルコール依存症の男性が安楽死の処置を受けていたことが判明
  • 41歳の男性は、依存症の苦しみから解放される唯一の方法として安楽死を選択
  • オランダでは安楽死が合法化されているが、厳しい条件の下で実施される

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング