人の寿命の「上限」は125歳 アメリカの研究チームが発表

ざっくり言うと

  • アメリカで、人の寿命の「上限」を発見したとする研究論文が発表された
  • 世界の誰かが125歳まで生きる確率は1万分の1に満たないと考えられると指摘
  • 医学の進歩は平均寿命を向上させたが、最高寿命には寄与していない、とした

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング