横浜市の病院で点滴殺人事件 界面活性剤は「逆性せっけん」と判明

ざっくり言うと

  • 横浜市の病院で、入院患者が点滴への混入物によって中毒死した事件
  • 混入された界面活性剤は「逆性せっけん」だったことがわかった
  • 逆性せっけんは殺菌作用が強く、消毒液の主成分として幅広く使われている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング