4日、環球時報(電子版)によると、リオ五輪に出場するためブラジル入りした中国の男子バスケットボール代表がこのほど、リオデジャネイロ市内をバスで移動中、近くで銃撃戦が発生し、6人が死亡した。

写真拡大

2016年8月4日、環球時報(電子版)によると、リオ五輪に出場するためブラジル入りした中国の男子バスケットボール代表がこのほど、リオデジャネイロ市内をバスで移動中、近くで銃撃戦が発生し、6人が死亡した。中国男子バスケ代表選手、同じバスに乗っていた中国メディアの記者らにけがはなかった。

バスに乗り合わせたバスケットボール誌の短文投稿サイト・微博(ウェイボー)によると、バスはブラジルに着いた選手や記者を乗せて2キロほど走ったところで銃撃戦に遭遇。6人が死亡したが、選手らにけがはなかった。

中国男子バスケ代表チームは出発前「今回の五輪は選手やコーチが無事帰ってくることが任務だ。成績は二の次だ」としていた。(翻訳・編集/大宮)