29日、韓国・ソウルの高層ビル「ロッテワールドタワー」外壁に掲げられていた超大型の韓国国旗が、混乱の末に撤去されることが決まった。写真はロッテワールドタワー。

写真拡大

2016年6月29日、韓国・聯合ニュースなどによると、韓国・ソウルの高層ビル「ロッテワールドタワー」外壁に掲げられていた超大型の韓国国旗が、混乱の末に撤去されることが決まった。

ビルを管理するロッテ物産によると、縦24メートル、横36メートルの韓国国旗と「大韓民国 万歳!」の文言の撤去作業を現在行っており、30日ごろに完了する見込みという。

この国旗は昨年8月15日、韓国の光復(日本からの解放)70周年に合わせロッテが2億ウォン(約1750万円)をかけて設置したものだった。当初「私の光復」と書かれていた文言はその後「統一へ 明日へ」「跳躍!韓国」などに数カ月ごとにリニューアルされていた。

騒ぎが巻き起こったのは今年4月、市民団体がソウル市など自治体に対し、この国旗が屋外広告物法や建築法、また営利目的の国旗使用を禁じた「国旗訓令」の条項にも抵触するのではと訴えたため。ロッテ物産はこうした主張をほぼ受け入れ、先月には文言の下にあったロッテのロゴマークを削除、国旗についても撤去の方針を市に伝えていた。しかし愛国の象徴の撤去をめぐっては一般市民からも反対意見が相次ぎ、先月25日には国家機関の国家報勲処までもが「護国報勲の月」である6月末までは国旗と文言を残すようロッテ物産と市に求める文書を送っていた。

これについて、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

「ロッテは日本企業だ。太極旗(韓国国旗)を掲げたところで韓国企業にはなれない」
「韓国で稼いだ金を日本で使う企業だろ」
「韓国を愛してくれるのはありがたいんだけど、自分の国を心配した方がいいんじゃないか?」

「いっそビルも撤去したらどうだ」
「旭日旗を掲げればいいじゃないか。誰も文句は言わないはずだ」
「太極旗の問題点は、愛国心もまったくない人間が個人的利得のために愛国者のふりをして利用することだ」

「ロッテに愛国と言われてもねえ」
「国旗を違法な広告などという国は韓国だけだ。じゃあ、北朝鮮の旗を掲げたら黙ってるってことか?」
「光化門(ソウル中心部)辺りのビルの外壁は太極旗だらけだし、見て気分がいいものだけどな」(翻訳・編集/吉金)